2017.07.23

いさみやの1/80の軽便タンク機(2)

猛暑が続いても「祭りの日」は近づいて来る。
ということで、地味に工作は進む。

ホワイトメタルキットは接着で組むので、順番を考えながら進める。

Sun1_20170723
 まず、ボイラー部はネジ止めで位置決めしてキャブを接着

Sun2_20170723
 キャブの正確?な固定を確認してボイラーを接着

Sun3_20170723
 キャブ、ボイラーの固定を確認してサイドタンクを接着

Sun4_20170723
 1両はコールバンカー接着

Sun5_20170723
 イモ付けだけではなく、適宜補強を入れる

これでほぼ2日である。
過去の経験から、ホワイトメタルキットは「確実な位置決めと補強」が
欠かせない。
焦ってはダメなのである。
全部一気に接着すると、あちこちズレて収拾不能になる。

さて、強度が確保出来たところで動力を入れて牽引力測定か?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.07.22

ALPA ALNEA 7 の復活

猛暑である(またか)

この暑さの中、嬉しいことがあった。
アルネア7の復活である。

Sat6_20170722
 2016.9.23 の状況

去年のことだが、「そういえば、2年くらい動かしてないな」と
アルネア7を出してきて巻き上げると・・「あれ、なんか軽い」
で、レリーズすると中途半端な動きをする。
確認してみると「な、なんじゃいこりゃ~(By Gパン)」

な、なんと、先幕がジョロジョロと引っ張り出せるではないか!
呆然・・・
以前(って2年前だけど)は普通に動作したのに・・
脱力感のまま半年ほど経過。

ウチの銀塩カメラ(一眼レフ)の主力は、意外なことにALPAなので
ある。
それはオリジナルのレンズ+マウントアダプタのおかげで、使用出来る
レンズが圧倒的に多いからだ。
ここ数年は、α7の登場によりすっかり影が薄くなっていたが、
銀塩撮影では主力なのである。
そうなると、動作するボディは少しでも多い方がいい。

それと、このアルネア7は「由来があるもの」なのである。
アル研の熾烈なジャンケン大会で勝利して入手したものなのだ!
記録を調べてみると、1993.11.6のことであった。
(注:残っている資料(写真)ではこの日付なのだが、記憶では
 もうちょっと後のことだったような気もする)

ということもあって修理を依頼した。
しかし「ここまで盛大に壊れるとダメかもしれないよ」とのことであった。
う~む、これは数年待つことになるのか(遠い目)

数日前に「直りました」との連絡をもらい、仕事も忘れて受け取りに行った。
(注:そんなにマジメに労働したことないけど)

Sat3_20170722
 無事「重修理」を完了した姿

Sat88_20170722
 修理中の画像を送ってもらった

カメラを受け取り、修理人の方に詳細を教えてもらった。
 ・シャッター幕は全部交換 
 ・接眼部レンズ交換(前のは割れていた)
 ・  〃 周辺のネジ2本、白い板を入れた
 ・スプール系の部品が摩耗して使えなくなっていたのでパーツ交換
 ・距離計のクリーニング/調整

Sat4_20170722_2
 重修理の結果、面白い事実が発覚

部品交換を伴う重修理を行うと「製造年代」が判ってくる。
ボディ側の製造No.のプレートが無くなってしまっているため、
裏フタのNo.が修理時の受け取り用になるのだが、中身と比較すると
一致していないのでは?ということらしい。
裏フタの方が新しいのである。
どこかで入れ違いになったのだろうか?
そのせいでボディ側のプレートが無いのか?
このカメラの経歴を想像すると楽しい。

最後に出た話は「スプール系の部品の消耗状況から、このカメラは
プロがガッツリ使ったようですね、フィルムを入れて使わないとこういう
消耗の仕方はしませんから」とのこと。

私の返事は「なるほど、確かに前オーナーは本物のプロの方でした」
これは確かな事実である。

そこからはカメラ雑談になったのだけれど、私はこのような話をした。
「ALPAは華奢とか壊れやすいとか言われるが、このアルネア7は
製造年代が1956年くらいで60年近く経過している、そのカメラが
プロを含めてガッツリ使用されても、整備をすればまだまだ使える
ALPAは”立派な実用機”ということではないだろうか?」

「機械式カメラは海外製も国産でも、整備して使えばちゃんと動くから
みんな丈夫だよね」 という話で締めくくりとなった。

やはり銀塩カメラは楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

いさみやの1/80の軽便タンク機(1)

猛暑が続くと模型工作が停滞する(言い訳?)

今年の軽便祭りは1/80の軽便車両でにぎわいそうである。
ウチには該当する車両がないので、去年から「準備しないと」と思っていた。
ということで、重い腰を上げて工作開始。

Mon4_20170717
 ネタ車はいさみやの1/80雨宮蒸気である

Mon5_20170717
 少しずつ改良しながら組んでいくので時間がかかる

実は都内某所で数年前にいさみやの1/80雨宮蒸気機関車を
入手していた。
一応組んであったが、なにせ蛍光灯の紫外線を30年以上浴びて
いるので、接着剤がダメになっているのでちゃんと組みなおさないと
いけないのだろうなぁ・・としばし放置してあった。

1両は完全にばらして少しずつ組んで、もう一両は適当に補強して・・
と思ったのだが、結局両方とも全組みなおしとなった。
(というか、いじっていたらバラバラになった)

角材を適当の冶具として使って、エポキシで接着していく。
ハンダ付け工作を得意とする私には苦手な作業である。

Mon6_20170717
 動力装置はアルモデルのCタンクの下回り

純正動力?はTOMIXのCタンクなのだが、さすがに入手出来ない。
というか、快調に走らないと意味が無いので、そうなると21世紀の
製品でないとダメである。
ということで、アルモデルのCタンクの下回りを使うことにした。
そのため、床板というか、台枠は1.5mm短縮した。

追伸 2017.7.22

Sat5_20170722
 少しずつ工作は進行中

古い製品をレストア?するとはいえ、実用的には21世紀レベルに
したいので動力装置は最新のものを使いたいし、整備性は良くしたい。
今のところはこのような風になっている。
 ・ボイラー部はサドルにネジ止め(オリジナルは接着)
 ・キャブは内部にアングル材で補強
 ・アルモデルの下回りを床板に固定出来るように真鍮板を接着

さて、ここからどう進めるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LeicaM型って素晴らしい

猛暑である。
さすがにもう室外で撮影する気分になれない。

さて、先週「さすがにビドムには飽きた」と思ったので、M2を使うこと
にした。
M3であれば、「Hektor73F1.9は50mmと90mmの枠の中間でいいか」と
なるのであるが、M2の場合はそうはいかない。
(注:M3は50mmの枠が出っぱなしなのを利用)
ということで「90mm枠で撮影して違いを見よう」となる。

Sun4_20170716
 Hektor73F1.9 絞り解放

Sun5_20170716
 Tambar90F2.2 絞り解放

どちらも最短距離(1m)である。
こうしてみると、73mmはかなり標準レンズに近い画角に見える。

Sun6_20170716
 Tambar90F2.2 絞り解放

Sun7_20170716
 Hektor73F1.9 絞り解放

あじさいもそろそろ季節が終わりかな?と思いつつ撮影。
こちらもヘクトールは標準レンズっぽい感じになった。

さあ! 次はロマンスカーだ!・・・と思ったが、あまりの暑さに
止めになった(倒れそうな気がしたので)

この撮影をしてから気が付いた。
「これだったら、M9には75mmの枠あるじゃん」
ああ・・・(疲労感)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.12

ビドムとは?

猛暑だというのに、ビドム修行は続く(なぜ?)

ところで、若者にとっては「ビドムって何?」という状態であろう。
(いや、全員か)

ということで、それなりに解説を試みることにする。
(というか、自分が忘れているので)
参考文献:
 ライカのアクセサリー(下) 中村 信一著 朝日ソノラマ

なお、使い勝手については「個人の感想」である。

Wed4_20170712
 この上に載っているものがビドムである

IIIfの上に載っているもの、これがビドムである。
これだ!と言っておいてなんなのだが、実は正式名称はビドムではない。
焦点距離を変更して使えるファインダーの総称は
「ユニバーサルファインダー」である。
ライツから発売されたものを大別すると
 (1)鉄砲ビドム(VISORなどタイプ別に複数の型番あり)
 (2)ビドム(VIDOM)
 (3)正像ビドム(VIOOH)
とあり、私が使っているものは(3)である。
()内は型番で、VIDOMがユニバーサルファインダーの総称になった
ようである。
他の型番は発音が難しいからだろうか?
このなかで、73mmに対応しているものは(1)の一部である。

以降は(3)をビドムと呼ぶことにする。

Wed5_20170712
 パララックス補正は距離に合わせて傾斜する

画像は3.5feet(約1m)にした状態である。
レンズ側のピントを合わせて、ビドムのパララックスを補正する。
レンズもビドムもfeet表示とm表示があるのだが・・・まあ、こんなものか
という感じなので私はタイプが違っても気にしていない。
無限遠の状態でも少し角度が付いているので、使い方のコツを
掴まないと微妙な写りになってしまう。

Wed6_20170712
 焦点距離の設定はリングを回して行う

焦点距離は35mm~135mmまでと広い範囲で対応している。
アタッチメントを付けると28mmにも対応するが、アタッチメントが
ビドムより高いので購入していない(笑)
画像から判る通り、73mmの設定はない。
Hektor73F1.9は1931~1942と長期間でもあるし、約7200本も作られている
ので、すべてのビドムが対応していてもいいと思うのだが、どうして
対応しなかったのだろうか?
(正像ビドムは1939~1964なので、ますますそう思う)

グチはともかくとして、先に撮影したときにはα7を使いながら
撮影範囲を決めて、8.5cmの文字の下くらいにしたのだが、
結果は・・だったので、8.5cmのノッチ部に9cmの位置に設定
して使用することにした(個人の経験値なので不正確)

ということで撮影してみる。
カメラはIIIf、レンズはもちろんHektor73F1.9である。
(1/1000を使いたかったので)

Wed7_20170712
 普通に構えて撮影 F=1:5,6

結果的に成功である。
やや広い範囲が写っているような気がする。
(ま、いいか)

Wed8_20170712
 縦位置での撮影・・・ F=1:5,6

ビドムの傾きを計算に入れて縦位置を・・ダメだった(遠い目)

ということで、修行はまだまだ続く・・かもしれない。

おまけ 2017.7.14

ユニバーサルファインダーの話をしていて思い出した。

Fri5_201070714
 変わり種「タナックのファインダー」 え?この刻印は?

これもユニバーサルファインダーの類だと思うのだが、タナックの
ファインダーを持っている。
購入した理由は「8.5cmの刻印」なのである。
タナックコレクターの方(いるのか?)はご存知だと思うが、タナックは
10cmと13.5cmはあるが8.5cmは無いのである。
ということは・・・「幻の8.5cmのレンズ」があるのかもしれない。
そういう想像をしているとワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.06

LeicaDIIとヘクトールとビドム

何もやっていなかったのか?と言われそうだが・・・

実は大変であった(仕事ではない)

私に唯一の家族、チョコ君に右手をガブっと噛まれて・・手のひらに
大きな穴が開いて血がダラダラと・・・
これだけでも大変なのであるが、その日の午後から高熱と右手が
痺れて動きが悪くなり・・・
夜にはついに38度を超える熱が出た。

翌日、市民病院で検査の結果「リンパ系に雑菌が入って炎症を起こしてます」
え? そんな大変なことに?

結局、3日ほど発熱と右手が痛くて使えなくなった。
1週間抗生物質を飲み、手が不自由なのに耐えた結果、狂犬病でも
破傷風でもないということで、ようやく70%回復。
まったく、歳を取ると抵抗力がここまで低下するのか。

このままでは人間がダメになる!(もうなってるから)
復活のため、「景気付けにず~っと欲しかったものを買うぜ!」となった。

Thu4_20170706
 20年間、買えずに悶々としていたもの

ず~っと欲しかった「ある意味まっと~なもの」を買うことにした。
 ・Hektor73F1.9
 ・Leice DII

う~む、なんというまともな買い物。
まとも過ぎて優先順位が上がらない・・のは私らしい。
とはいえ、20年かい?

こういうアイテムは「買っただけですぐには使えない」のである。
ヘクトール73F1.9はフードが無かった(CANONの42φを改造して調達)し、
DIIは耳(吊環)がないので皮ケースを修理して・・と手間である。
この時点で右手はまだ痛いし力が入らないのに。

それよりも困ったのは「ヘクトールのファインダー」である。
コレクターズアイテムでありながら、実は結構撮影にも使われる
ヘクトール73F1.9であるが、このレンズ「ファインダーが無い」の
である。
対応しているのは、鉄砲ビドムと超レアアイテムの単体ファインダーで
あるが、鉄砲ビドムは左右逆像なのでちょっと・・である。
で、結局、正像ビドムを「この辺りだろう」とセットして使うことになる。
(注:α7で像を確認して設定位置を決めた)

皮ケース、ヘクトール、ビドム・・・全部組み合わせとカッコイイ!

しかし、使いこなすのは猛烈な慣れが必要だ。
とりあえずは撮影してみる(猛暑なのに)
それにしても右手がまだ思うように動かないのだが。

Thu5_20170706
 Hektor73F1.9 絞り解放

あじさい寺で撮影。
これは珍しく構図が決まった。
背景のボケ味が素晴らしい(そこか)

さて、次は「お決まりのロマンスカー」である。

Thu6_20170706
 Hektor73F1.9 F=1:6,3

Thu7_20170706
 Hektor73F1.9 F=1:6,3 これはかなり悲しい

こちらはビドムのパララックス補正に失敗(涙)
というか、α7で確認した画角も・・・だったようだ(絶句)
ただし、ヘクトールの描写そのものはいい感じだ(唯一の救い)

ということで、まだまだ修行である(ち~ん)

Thu8_20170706
 DIIを手にして気が付いたこと

DIIを品定めしていたときに「あれ?文字が銀色に浮き上がりますね」と
いう話をしたところ、「ああ、この時代はニッケルで文字埋めているから」
とのことだった。
う~む、それって象嵌のようなものなのか?
なんという凝った仕様!
他にも、シャッターダイヤルが15φの大径(これも知らなかった)だったり
と、初めて気が付いたことが多い。
(このカメラは初期ロット)

それにしても・・・暑い・・蒸し暑い・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.15

路面電車のトラバーサ(4)

トラバーサの改良は続く。

Thu3_20170615
 転車台を平行に動かすためのスライド部を作る

3.0φの真鍮棒を2本平行に置いたスライド部を作成した。
これにより転車台が平行に進むようにするためである。

Thu4_20170615
 動力部との連結部分、結構凝っている

動力部とは左右の動きだけが伝わる構造にした。
このようにすれば、転車部のと台枠との構造を独立で調整が可能になる
からである。

Thu5_20170615
 動作確認をする

動作確認をすると、完璧とはいいがたいが一応合格?という
感じである。
あとは転車台側の方で指定位置でピタっと止まるしくみを考えるのが
良さそうである。

ということで、次は「ややディテール色のある工作」が出来そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

路面電車のトラバーサ(3)

最近、すっかり銀塩カメラに気持ちが持って行かれ・・

このままでは人間がダメになる!(いや、もうなってる!)
ということで、トラバーサの工作を進める。

Mon6_20170612
 動作はするので、実際に動かしてみる

動力部は出来たので「あとは実用性の確認」である。
なんだかんだ言っても、実際に動作させないと判らない。

とりあえず、以前路面電車のポイントのテスト用に作った?小さい台枠に
動力部を取り付けて、コントロール部を端っこに付けてみた。

Thu6_20170615
 コントロール部は行きたい番線にピンを刺す

コントロール部は以下のような構成になっている。
 ・中立のあるスイッチで左右どちら動かす方向を指定する
 ・行きたい番線にピンを刺して止める位置を決める
 ・行きたい位置で止まったらスイッチを中立にする

個人的な感想ではあるが、こういう単純な方法が直感的に判りやすい。

Mon5_20170612
 一応動作はするのだが・・

なにせ「あまり考えずに作った可動部」なので、台枠に付けてみると
上側に取り付ける構造になっていないので、そういう「気配りの無さ」に
苦労した(遠い目)

動かしてみると、片方には平行に動くのに、戻りの方向では斜めになる
ことが判った。
なぜなんだろうか?

Tue5_20170613
 動作部分のアップ 

この動力装置、片方は3.0φの真鍮棒、もう片方がネジ棒である。
当初は「ネジ棒とナットを使っているのでネジの傾きの影響」と
予想していた。
しかし、裏返して動作させてみると、それ以前に微妙なガタがあり、
上にある転車台が引っ張られる方向によって斜行することが判った。
取り付け部のガタは大したことはないのだが、長さ20cmの台なので
先端部までを見るとそれなりにズレてしまう。

Tue6_20170613
 長尾軌道のトラバーサの動力部を思い出すと

困ったときは「既に稼働しているもの」を見るのが一番である。
長尾軌道のトラバーサは、元々は中央にガタが出ないように
両側から挟まれたスライド部(ここにナットが付いている)になって
おり、これだけでもそれなりにガタが出ないようになっていた。
これに両端にスイッチがついたため、正確な位置で止めるため
5cmの距離に平行で真鍮棒を取り付けた。
これらの改良には、何年もかかっているのである(遠い目)
さらに静音化するため、モータを交換・・などなど、継続的な
努力をしているのである(さらに遠い目)

メゲずに続けないと・・・
とりあえずは、転車台側に独立のスライド部を付けるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.11

ハッセル1000Fとローライフレックス

Sun5_20170611
 10年以上使っていなかった中版カメラ達

「10年以上使っていなかった」中版カメラ達。
ブロニカDxの結果がいいので撮影してみることにした。
ちゃんと動くのだろうか?」と少し心配である。

撮影はそれなりだったのだが、なにせブローニー版の現像は時間がかかる。
ということで、1週間待ちになってしまった。

まずはハッセル1000Fの結果から。

Sat7_20170617
 Tessar80F2.8 F=1:5,6

このテッサー、凄く寄れるのが楽しい。

Sat8_20170617
 Tessar80F2.8 F=1:5,6

このカメラはレリーズが重いので動くものを撮影するのはちょっと
苦労した。
ダメかも? と思った割りにはしっかりと写っていた。

次はローライフレックスである。

Sat5_20170617
 Tessar75F3.5 絞り解放

2眼レフなので寄りはこんな感じである。
ハッセルの80mmと比較すると、75mmは広角感がある?

Sat6_20170617
 Tessar75F3.5 F=1:5,6

う~ん、ちょっと被写界深度を読み間違えたか?
前頭部が少しピンぼけ。

慣れない機材なので使いこなせていないものの、銀塩撮影は楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.01

10年を経て「銘機礼賛3」

最近、銀塩カメラがブームである・・って、世間の話ではなく、
私自身が「銀塩カメラで撮影するのが楽しい」のである。

そうなると思い出すのが「こんなにも色々なカメラがある」
きっかけになった本である。

Thu5_20170601
 レクタフレックスの話が出てくるのはこの本だった!

ウチにALPA、Ektra、BRONICA Dx、CASCA・・・と、濃いカメラが
あるのは、田中長徳さんの「銘機礼賛」を読んだことによる。
本に出てくるエピソードや出来事が、ココロを打つのである。

で、その雰囲気を味わうためにそのカメラを買い・・・その苦労で
遠い目になる日々・・・(ち~ん)
現代ではかなり凝ったカメラであっても修理をしてもらえるが、当時は
「修理をしてくれる名人」を探し当てるのが大変であった。
もしくは「自己責任」で自分で修理することに・・・(遠い目)

レクタフレックスを「10年?ぶりにジャンクから復活」させたので
手持ちの銘機礼賛と2を見ても「あれ?出て来ない」
なんで?と調べてみると、2007年に3が出ているではないか!
出版後、なんと!10年を経ての入手である。
ひょっとすると、レクタフレックス入手とこの本が出た時期は同じ?

こうして、カメラを買っては本を読み、本を読んではカメラを買い・・
なにかちょっと若返った気分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.27

Old Delft ALFINON50F2.8

東急百貨店のカメラ市である。
最近は行くとなにか見つけることが多い。

Old_del6_20170527
 欲しいと思っていたレンズを買う

今回はレクタフレックスで使うM42の中望遠レンズが欲しい・・と
探していたのだが、「あ、これいい」と見つけたのはALPA用の
オールドデルフト アルフィノン50F2.8である。
アルミ製で沈胴するタイプで、以前から所有している38F3.5の
兄弟である。

Old_del1_20170527
 ALPA 6bに装着して撮影する

このレンズ、本来は「沈胴しても大丈夫なアルネアタイプ」で使うべき
なのだが、Type4は壊れており、7は現在修理中。
ということで、ファインダーが明るい?(ALPAとしては)6bを使う。

Old_del2_20170527
 お座りするチョコ君(絞り解放) でトラブル発生

さっそくチョコ君を撮影する。
で、気が付いた・・「あ!45度ファインダーでは下向き撮影が出来ない」
チョコ君をお座り!させると、当然足元に来る。
そう、この角度ではカメラはかなり下向きにするのだが、このレンズは
距離計連動なので最近距離は1mなのでカメラは高めになる。
そうなると、45度では覗き込みにくいのである(呆然)
結局、「たぶんこんな感じだろう」という風に撮影することになった。
なるほど、アルネアの距離計付きファインダーはこういうときに有用
なのか、と納得する。

さて、続いてはお決まりの「ロマンスカー撮影」である。

Old_del3_20170527
 F=1:8 ちょっと古めの写りがまたいい感じ

Old_del4_20170527
 F=1:8 4線全部に列車がいるのが壮観

Old_del5_20170527
 F=1:8 この前面の側で撮影するのは初めて

このレンズ、なにしろ単純な構造なので、油断すると沈胴してしまったり
絞りリングが回ってしまったりするからちょっとだけ注意が必要だったり、
晴天の日にはF=1:8まで絞って撮影しなければいけないときには
ファインダーが真っ暗になって走行して来る電車が良く見えない・・など
使い方にコツが必要なのが楽しい。

一眼レフ用なのに「距離計連動ボディで使いたい」と思うレンズは、
それはそれでまた良いものだ。

追伸 2017.5.30

オールドデルフトのアルフィノン50F2.8、いい感じの写りなので
1/1000が使えるALPA 9dで撮影してみた。

Tue4_20170530
 ALFINON50F2.8 F=1:5,6

Tue5_20170530
 ALFINON50F2.8 F=1:5,6

快晴かと思うと雲が出てくるような天気、カラフルでかわいいデザインの
世田谷線、そしてレンズが「オランダ製」と来ると、なぜかヨーロッパの
風景に見えるから不思議である(注:個人の感想です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

ブロニカDxのオーバーホール

Sun4_20170521
 長年使って来たブロニカDxがオーバーホールから帰還

ウチにもう10年以上前からあるブロニカDx。
私にしては珍しく良く使う中版カメラである。

それはいいのだが、なにせ私より年上のカメラである。
一応それなりに手は入っているのだと思うのだが、ウチに来てからの
年数でも10年越えで、2年ほど前からはレリーズだけでなく、絞り込み
ボタンも押さないとレリーズしなくなってきていた。

どうしたものか?と思ったのだが「お気に入りなんだから直そう」
ということで、しばしオーバーホールの旅に出ていた。

手元に戻ってきたのが土曜日、今日は猛暑の中撮影をしてきた。
ブローニー版なのですぐに結果が判らないのが惜しい。

追伸 2017.6.5

現像があがってきたので、バラ園の画像をUPする。

Nikkor75f28_20170605
 Nikkor75F2.8 F=1:5,6

Komura150f35_20170605
 Komura150F3.5 F=1:5,6

Superkomura45f45_20170605
 Super-Komura45F4.5 絞り解放

Zenzanon100f28_20170605
 Zenzanon100F2.8 F=1:5,6

お気に入りの各レンズの写りを久々に堪能出来て嬉しい。
整備の終わったブロニカDxはシャッターも絶好調で、1/1250でも
不安なく使用出来るのが頼もしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.17

路面電車のトラバーサ(2)

トラバーサの動力部は割とすぐに動くようになった。
実はここまではそれほど難しくはない。

問題は「定位置に止めること」なのである。
前作のトラバーサは「とりあえず動くようにして止める方法は後で」という
やり方をしてかなり苦労した。
結果的には中間位置ではピタリと止まらない・・という残念な結果に
終わった。

反省した結果、今回のトラバーサでは動力部は分離可能、ストッパーも
最初からきっちり検討することにした。

Wed3_20170517
 検討の結果、各停止位置にスイッチを置く方法

定位置に止めるにはどうするか?
とりあえずはスイッチを使うのはいいとして、動作部に1コスイッチを
置くのがいいか? 各停止位置にスイッチを置くのがいいか?
考えていくうちに「スイッチで止めると言っても、両端と中間部では
スイッチの使い方が違うかもしれない」ということに気が付いた。
それに、今後あれこれと変更を加えるときにもスイッチが別々の方が
良さそうに思われるので画像のような方式にした。
稼働部分に腕を付けてスイッチを押すのである。

作動させてみると、スイッチの調整が若干面倒ではあったものの、
意外に動作は安定したものとなった。

Wed4_20170517
 とりあえず4個動作させてみる

格納線+収納線x3本を40mm間隔なのでスイッチは4個である。
笑ってしまうのが「同じスイッチが2個ずつしかない」ので、調整が
微妙に違って面倒だったことである。
(教訓: 部品は規格を統一しよう!=>自分)

とりあえずは「荷重なし(テーブル部がない)」では動くようになったので
テーブル部を作って本格的テストを早く行うことを考えなくてはいけない。

追伸 2016.6.6

Mon2_20170605
 両端のスイッチをレバー作用式に変更

両端で確実にストップさせるため、スイッチをレバー作用式に
変更した。
この方式は、長尾軌道寺町線時代から使っているトラバーサの
方式と同じで、実績のあるものである。
両端で確実に止めないと、動力部が食い込んでしまって壊れる
可能性があるのだ。

そろそろ本気を出さないと「車両を載せてのテスト」に到らないまま
6月が終わってしまう・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

路面電車のトラバーサ(1)

GWが終わってしまった(遠い目)
しかし、路面電車のレイアウト工作は続く。

路面電車のレイアウトと来れば、やはりトラバーサである。
(注:個人の意見です)

Trav1_20170514
 長尾軌道シリーズでは定番のトラバーサ

私におけるトラバーサの試みはかなり初期の段階から行われていた。
最初は寺町線で、その後何度かの改修と経て、新線に組み込まれて
現在に至っている。

このトラバーサ、小型レイアウトの寺町線での使用を前提に作成した
ため、長さの関係で単車での使用が前提となっていた。
また、ピットの深く(そういうものだと思っていた)、線路数も3線で
しかも格納線が2線しかないので収容能力にも問題があった。
(ポイント1個と変わらないだろう?という意味)
こういう点については「いつか改良型を作りたい」という願望があった。

Trav2_20170514
 何度も改良を経て完成した機関部

なにしろ参考に出来る資料(模型的に)がないので、最初から試行錯誤の
連続であった。
ネジ棒を使うスライド方式はすぐに決まったものの、とりあえずはテーブル
中央部にネジ棒を置いて動かしてみると、線路に接する部分がブレて
なかなか線路同士が合致しない。
結局、ガイドレールを平行に置くことでブレを止めて、線路との合致も
するようになった。
さらに、ストップするための回路を組み込んで・・とかなりの長い時間が
かかった。

このような「第一世代の実用化」の過程で学んだ経験を元に、もっと良い
ものを作れるのでは?と思い、動力部を試作したまま20年近く経過・・

21世紀になり、さらにあれこれとレイアウトを作成した結果として
路面電車のレイアウトを作成することとなり「こうなればやらんと
ダメだろう」ということで、トラバーサを作成することになった。
現在作成中のレイアウトが、交換線の反対側が直線しかなく、
空間が空いているのは実はそのためもあるのだ。

Trav3_20170514_2
 20年近く前に試作した動力部を仕込む

第一世代からの改良点は「平行するレール部は短くてもいいだろう」
であった。
機関部がコンパクトでないと、レイアウトに搭載する際にスペース的に
制約が出るからである。
今回の実用試験開始については、この機関部は変更していない。
動力部については、以前のように苦労してウォームギアを使って
大きな原則をする必要はなく、ギアヘッドモータが使用出来た。
線路数はちょっと機関部を改良して線路間隔40mmとして格納線を
3線とした

なにはともあれ動作することを確認したところで時間切れ。
ここからが大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.07

路面電車のレイアウト工作

ず~っとクラカメの話が続いたが、実は路面電車のレイアウト工作は
地味に続いていた。

Romen1_20170507
 架線接続部の新しい試み

私の路面電車の架線は0.4x0.8の硬い素材の真鍮帯板を使っているのは
ご存じの通りなのだが、接続部(シノハラの#50ジョイントに差し込む)を
この帯板をハンダ付する方法について少し疑問を持っていた。
 ・ジョイントに差し込むと帯板の露出部が0.2mmくらい?しかない
 ・ハンダ付した小片が外れることがある

これを解決する手段として、1.0x1.5のアングル材を使う方式を試すこと
にした。
正確に固定するため、冶具(これが結構時間がかかった)を作成し、
エンドレス1周分の架線を作成した。
結果は現状ではダメで、架線が傾いてしまったり、抜けてしまう
(特にポイント部)ために取りやめとなった。
残念な結果に終わったが、接続部の改善は必要なことなので、
いずれまた改善案を試してみようと思う。

ということに2日ほど費やしてしまった(遠い目)

Romen2_20170507
 交換線を入れて台枠に仮設置してみる

台枠については、以前軽便レイアウトの試行用に作成したものを
改造して使用することにした。
長さは910mmのままで幅を460mmに減少、片側は80mm角を
落としてある。

今回のレイアウト案について、複線にすることも考えた。
そのために910mmX560mmの板を持って室内と外に出したり・・のテストを
したのだが、結果は「必ずぶつかるか出られない」ので単線案になった。

Romen3_20170507
 運転してみると・・・単車しか使えない!

架線の接続部を通常のものに交換し、交換線の分岐架線を作成して
運転をして「よしよし」と思っていたのだが・・
この交換線「単車用」の作成した(当初計画)のを思い出した。
さて、どうしたものか?
検討の結果、10cm延ばすことにした。
ポイント部を分割式に改造して、組みレールを入れるようにした。

さらに運転テストをしていると、なぜかボギー車だけポイントでショートする。
なぜなんだろう?と調査すると意外なことが判明した。

Romen6_20170507
 急カーブポイントの盲点

単車(N電)では平気なのに、ボギー車ではなぜショート?
テストの結果「え?そうなの?」ということが判った。
交換線のポイントは選択式になっている。
そのため先端レールは一体式である。
それは別に普通のことなのだが、路面電車ならではの急カーブポイントと
して、実物の「先端レールが他方に分岐しているときにガイドレールになる」
のを真似してみることにした。
(注:こう考えた時点で大きな間違いをしている)
実物は両方のレールで+-が異なったりしない。
ところが、当然模型では「絶縁されていないといけない」のである。
単車の場合は、フランジが接触しないのだが、ボギー車は「ガイドレールと
してフランジが当たる」という「構造としては正しい」状態になっていた。
う~む、なんというおバカな自分。

Romen10_20170507
 フランジが当たる部分を絶縁

結局、フランジが当たる部分を絶縁することにした。
ポイントを分解してプラ板を接着出来るように削り、プラ板を貼ってまた
削る・・という地味な作業。

さて、交換線の線路延長工事である。

Romen4_20170507
 10cm延ばして架線も長いものに交換

Romen5_20170507
 これでボギー車も安心

これで「基本的な線路配置」はこんな感じ?ということを確認出来た。
「なんだ、単純な小判型線路じゃないか」と言われるかもしれないが、
こうやって「少しでも小さくする工夫」をしながら、納得して線路配置と
台枠の大きさを決めていくのは大事なことだと思っている。

Romen8_20170507
 架線分岐部の固定方法など、課題は多い

この線路配置も「基本タイプ」であって、実はここからあれこれと試行錯誤を
していくし、台枠も改造の手が入ることになる。
架線分岐部についても、ポール対応するためには位置調整をしないと
いけないのであるが、架線柱間に線を張って引っ張る・・という方法は、
実感的ではあるものの、実際に維持していくためには面倒である。
こういう「運転にかかわるもの」は「模型的構造」を考えないといけない
のだと思っている。

この状態でしばらく運転をしていると、レールクリーニングをすることになるの
であるが、架線と架線柱があるとクリーニングが結構大変である。
ハンガー式で片方は開いている状態(維持の容易さを考慮)であるにも
かかわらず、かなりの頻度で手を引っかけて架線を外した。
(注:脱着出来ることは「致命的な破損」を防ぐ意味がある)

Romen11_20170507
 集電装置はビューゲルの改善が課題

架線側はほぼすべての集電装置をカバー出来るようになった。
それはいいのだが、一番使いそうなビューゲルが期待した使い勝手の
ものが無いのが悩みである。
=>走行方向を反転したときにビューゲルがうまく向きを変えない
他にも、パンタグラフのクロス線の交差なども考えないといけない。

課題は山積みである。
まさに「レイアウトに完成なし」ということか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.05.02

CASCA IIとRectaflexで江ノ電

クラカメ撮影は、ロマンスカー=>世田谷線=>都電=>江ノ電で
仕上げである(なぜ?)
ということで、CASCA IIとRectaflexを持って出発。

Ca21_20170502
 Culminar50F2.8 F=1:8

Ca24_20170502
 Culminar50F2.8 F=1:8

カスカで撮影すると、なぜか古い写真になるのがいい(そうなのか?)
シャッター速度は1/250なのだが、やはり微妙に幕が残る感じ。

続いてはレクタフレックスである。

Re2_20170502
 Zuiko135F3.5 F=1:5,6

Re3_20170502
 Zuiko135F3.5 F=1:5,6

さすがは近代的レンズ、M42版のZuiko135F3.5はこういうときに便利だ。

Re1_20170502
 Biotar58F2 F=1:5,6 トリミングあり

Re5_20170502
 Biotar58F2 F=1:5,6 

こちらもさすがのZEISSのレンズ。
しっかりと写る。

こうやって使っていると、慣れてくるとレクタフレックスの方が扱いやすく、
かつ、写りが安定しているのが素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

快晴の日はKODAK Ektra

雨降って、今日は快晴である。
蒼い空・・・こういうときこそエクトラである。

Sun2_20170423
 やはり「使い慣れたカメラ」に癒しを求める

良く聞く噂
・エクトラは壊れる
・エクトラは使いにくい
私にとっては「なんの話?」である。
もう20年近く使ってきて、最初は苦労(って、壊れていたから)したものの
完全整備されてからは「別に普通のカメラ」なのである。
クラカメは「年月を重ねることで付き合い方を覚える」ものなのかもしれない。

ということで、まずはつつじ寺を撮影に行ってみる。

Ek501_20170423
 Ektar50F3.5 F=1:5,6

う~む、まだ開花が少ない・・・

Ek901_20170423
 Ektar90F3.5 F=1:5,6

開花しているものが少ないと構図が限られる・・・

Ek351_20170423
 Ektar35F3.3 F=1:4

光の入り具合がちょっと厳しいかも?

と言い訳をして・・「本番はこれからさ(ふっ)」
ということで、世田谷線を撮影に行く。

Ek1351_20170423
 Ektar135F3.8 F=1:8

この撮影、いつも50mmでやっていたのだが「望遠レンズでやる?」
と前から思っていたが、やはりそうだったのか・・という感じ。

Ek352_20170423
 Ektar35F3.3 F=1:8

Ek1352_20170423
 Ektar135F3.8 F=1:8

Ek504_20170423
 Ektar50F3.5 F=1:8

なるほど、ちゃんと絞って撮影するとちゃんと写るのか(ち~ん)

KODAK Ektraでの撮影は楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.22

Rectaflexで撮影

すっかり銀塩カメラブームである(ん?)

実は長年所有していながら「故障していて使っていないカメラ」があった。
それがレクタフレックスである。

Recta1_20170422
 10年以上「別々の運命」を過ごしてきたレクタフレックス

このイタリアのおしゃれなカメラ、実は復活まで色々とあった。

このブログにときどき「アンジェニュー50F1.8で撮影」と出てくるものは
実はレクタフレックス用のものをM42に転用したものである。
元々はヘリコイドが壊れていてジャンクだったものを購入し、レンズ部は
アサペンのヘリコイドに組み込んでM42のレンズとしていた。

オリジナルのヘリコイド部は、実は修理したのである。
元に戻さなかったのは「ボディを持っていなかった」からだ。
また、その後デジタル対応(当時はEOS D30や5Dを使った)では
M42の方が便利だったこともある。

それから15年以上・・・(遠い目)

ボディについては、ある出来事があって「研究用に使ってみたら?」と
壊れたボディをもらった。
とはいえ、欠品があるでもない良好な状態のレクタフレックスの
ボディを分解する気にはなれない。
結局、「遠い目になるファインダー」を堪能するカメラとして、それは
それとして便利に使ってきた。

それから10年以上・・・(遠い目)

不遇なレクタフレックスに突然光明が差したのは、長年夢見ていた
M42アダプタを入手したことであった。
「これならば、あれこれレンズが使える」
となると話は早い。
欠品のないボディは、匠の手にかかって無事修理完了!
別々になっていたレンズも元に戻して、レクタフレックス完全復活である。
修理が完了すると、こんなにスムーズに動作するのか、と感動した。
1950年代のイタリアは、工業力はしっかりとあったのだ。

こうなると、別の悩みを解決しないといけない。
Angeniux50F1.8がM42のままで使われていた理由として、オリジナルの
鏡筒ではフードもフィルタも付かないという悩みがあった。
(これはアンジェニューのレンズの共通の悩み)
今回、これを解決するために、フィルタのサイズ変換リングとジャンク品と
して入手したNikkor135F3.5用のフードを利用して、被せ仕様のものを
作成した。

なにしろ初めて使うカメラなので、準備と操作への慣れに時間がかかった。
準備万端にして撮影である。

Recta2_20170422
 さっそく撮影 Angeniux50F1.8 絞り解放

まずは絞り解放で使える状況で撮影を行う。
考えてみると、このアンジェニューを純正ボディとの組み合わせで
銀塩撮影する日が来るとは思わなかった。
撮影してみると、ファインダーを通して「レンズの描写やボケ味」が
素直に見えるのが心地よい。
案外「原始的な擦りガラスのファインダーはいいな」と思ったりする。
現代のレンズと比較してローコントラストな控え目の描写と、後ボケの
雰囲気がステキである。

次は撮り鉄である(なぜなんだ?)
さて、ここで大きな問題に気が付く。
そう「自動絞りではない一眼レフを日中使う」ということである。

Recta3_20170422
 F=1:8まで絞った状態(レンズはBiotar50F2)

動いているものを撮影するときには「絞った状態で撮影」しなくては
いけない。
この画像は「それでも良い方」なのであるが、実際に撮影すると
ほぼ真っ暗なファインダーを見て「高速で向かってくる車両を写す」
のである。
しかも、真ん中にあるスプリットがジャマして被写体が見にくい。
(そういう意味ではマット面のContaxDの方が見やすい)

Recta4_20170422
 Angeniux50F1.8 F=1:8

考えてみると、このレンズをここまで絞って使ったのは初めてである。
(デジタル撮影では日中でも絞り解放が可能)
こうしてみると、ちょっと昔っぽい描写ではあるが、良く写るレンズだと
妙に感心したりする。

続いては、M42アダプタ使用での撮影である。

Recta5_20170422
 Zeiss Jena Biotar58F2 F=1:5,6

Recta6_20170422
 Rodenstock Rotelar135F4 F=5,6

一眼レフは、やはりあれこれとレンズ交換出来ると楽しい。
M42を「自動絞りでなく使うカメラ」は、同年代としてはContax Dを
持っているが、ライバルを味わう楽しみは格別である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.17

CASCA II型で都電撮影

懲りずに続く「クラカメで撮影」である。
しかも、完全整備のライカとContaxがあるのに「濃いクラカメ」を使いたがる
のは私らしい。

Ca21_20170417
 状態の良い方のCulminar50F2.8でリベンジする

天気が良かったので、CASCA II型で都電を撮影しに行くことにした。
レンズは前から持っている方のII型のレンズである。

Ca22_20170417
 大塚駅前は盛大に工事中

Ca23_20170417
 もうすぐ引退の7001を撮影(トリミングあり)

Ca24_20170417
 面影橋の桜は終わっていた(号泣)

Ca25_20170417
 もう一両の7000系も撮影

Culminar50F2.8の絞りはいずれもF=1:5,6である。
状態のいいレンズであれば、ちゃんと写る。
とはいえ、1949年製のカメラ(完全整備済)とレンズなので
「昔の写真」になるのが、これがまた心地よい。
銀塩撮影の醍醐味である。

ところで、今回の撮影は快晴だったので、シャッター速度が
1/1000または1/500(ときどき1/250)を使うことになった。
画像を見ると判るのだが、「微妙に端が暗いかムラ」がある
のが判ると思う。
LeicaやContaxのような「完璧な量産機」とは異なり、
試作+部品在庫分生産のカメラであるCASCAは、やはり
こういう機械部分の性能が安定しないのである。

こういうところが「らしくて良い」と思うことが、クラカメ撮影を
楽しむコツだと思っている。
なんでも”完璧”だと面白くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.08

ALPA REFLEXで桜撮影

せっかくの桜の季節なのに、雨続きである。
こんなときこそ、クラカメで撮影である(そうなのか?)

Angeniux506_20170408
 ついに登場! ALPA EREFLEX

どのカメラを使おうか?
思案した結果、久々にALPA REFLEXで撮影することにした。
やはり「普通ではないカメラ」を使うことこそ我が人生である(そうか?)

Angeniux507_20170408
 雨だってのに、この見にくいファインダーで・・

雨が止んだので撮影に出た・・のだが、桜のところに到着したら雨(涙)
アルパレフを使った人(何人いるんだ?)は判るのだが、この使いにくくて
見にくいウェストレベルファインダーで、雨の中桜の花にピンを合わせる
苦労は大変なものである。
じゃあやるなよ!=>自分

撮影中、ウェストレベルの上フタがポロっと外れたりして・・・
ALPAはやはり侮れない。

ここからは苦労して撮影した結果である。
レンズはAngeniux50F2.9 絞り解放

Angeniux502_20170408
 遠景?はレンジファインダーで撮影出来るので楽

Angeniux501_20170408
 レンズはクリーニングしたので写りはいい

Angeniux503_20170408
 苦労してピンを合わせたら・・カサがちょっと被った(涙)

Angeniux505_20170408
 そして・・・シャッターが力尽きる・・(ち~ん)

ISO400のフィルムで、絞り解放のままシャッター速度を1/250から
その下の速度・・とやっていたのだが、最後に後幕が追いつくように
なってしまった(呆然)

ということで、いつかは整備に出して・・・かなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«EktraとCASCA II