« 松本模型の京都N電の整備(1) | トップページ | 鉄道模型社のターンテーブル »

2009.05.06

松本模型の京都N電の整備(2)

GW最後の2日は雨である。
天気が悪いので、すんなりと模型工作が出来る。

Matsu6_20090505
Matsu7_20090505

いよいよ動力装置である。
21世紀になって、さすがに車体中央にデ~ンとDV18が威容を示して
いるのは悲しいので、さてとどうするか・・と台車を確認する。
驚いたことに、な!なんと!どうやっても車輪が外せない。
車輪を入れてハンダ付けで組み立て、そして塗装をしたようである。
仕方が無いので、下回りは組みなおすこととした。

Matsu8_20090505

真ん中から切断したところ。
片方の台車のハンダが緩んでいたので、上下が分離してしまった。

Matsu9_20090505

塗装を剥離してハンダ付けをやり直す。
それで判ったのだが、コイルスプリングは真鍮ネジを使って表現している。
板バネは真鍮板をカットして上下を合わせて表現している。
エッチングも鋳物も使わない、シンプルな表現が心地よい。

Matsu10_20090505

動力については、昨年から地味に開発してきた吊掛モータを採用する。
数年前から「音が静かでスペース効率が良いサウンドDCC対応に向いた
動力装置が作れないか?」という研究テーマの結果できたものである。
各種テスト中であるが、まずは試験もしっかり行ってある10.5φ用の
14:28のギア比のものを採用した。
テスト用ユニットによるテスト走行はかなり行っているが、きちんとした
車両にスプレーグ式のこのタイプを本格的に搭載するのは、私にとって
は初めてである。

Matsu11_20090505

全て整備を終わったところ。
屋根については、再塗装をするかは思案中である。

Matsu12_20090505

これで一応形になった。
静かに走るので満足である。
今後、架線集電やDCCサウンド化なども試行してみる予定である。
ともかく、これで松本模型の京都N電はどこに出しても恥ずかしくない
状態に整備を完了した。

かなり満足である。

|

« 松本模型の京都N電の整備(1) | トップページ | 鉄道模型社のターンテーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/44921656

この記事へのトラックバック一覧です: 松本模型の京都N電の整備(2):

« 松本模型の京都N電の整備(1) | トップページ | 鉄道模型社のターンテーブル »