« 松本模型の京都N電の整備(2) | トップページ | 牽引力を出すための試み »

2009.05.30

鉄道模型社のターンテーブル

鉄道模型社は、色々な意味で先端のことをやってきた。
それは工作機械だけでなく、工作機械やレイアウト用品もあるのである。

ターンテーブルについては、ようやく珊瑚から素晴らしい製品が発売に
なったが、かつては海外製品、または自作に頼らざるおえなかった。

ところが、今から40年近く前には、しっかりと国産のものがあった。
鉄道模型社のターンテーブルである。。
今となっては「幻の製品」なのだが、たまたま私の手元にやってきた。
さすがにこれを現役で使うことは難しいが、技術的に見るべき点がある
ので、修理して動作確認を行った。

Turn1_20050312

これが、40年近く前の鉄道模型社のターンテーブルである。
ピット内の橋脚(?)部はホワイトメタル製の重量のあるもの、ピット自身は当時の
ハイテク素材(?)の塩ビの配水管を使っているというのは新鮮だ。
直径は263mmとかなり大型である。

Turn2_20050312

Turn3_20050312

Turn4_20050312

上の3画像がターンテーブルの動力部分
下から順に、まず円盤を回し、2番目の三角形のローラー部を回し、最後に一番上の
画像のアンダーデッキにあるローラーを回して旋回を行うしくみである。
各段階(全部で4回)にクラッチ機構を持たせつつ減速を行う方式は、かなり
凝った構造である。

Turn5_20050312

これが最終的にガーター部を旋回させる部分。
ゴムが40年の歳月で無くなってしまっていたため、新規にOリングとゴムジョイントを
使って修理。
実際には、もう少し柔らかい素材が欲しかったのだが、間に合わせとしてはこれでも
動作可能であった。

このまま現代に応用するのは難しいものの、クラッチ機構や大きく減速する機構として
は参考になるかもしれない。
いずれ、このターンテーブルを参考にすることがあるかもしれない。

|

« 松本模型の京都N電の整備(2) | トップページ | 牽引力を出すための試み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/45173603

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型社のターンテーブル:

« 松本模型の京都N電の整備(2) | トップページ | 牽引力を出すための試み »