« 新年2日目 | トップページ | ギア比 »

2010.01.03

吊掛モーターのケーシング

モーターにピニオンを入れただけでは吊掛モーターとは言えない。
車軸と結合して「吊掛け」なのである。

Sun3_20100103
 2009年に試作したタイプ(軸受部はモーターに接着)

14枚のギア(協育歯車)を使うと、アルモーター1012のネジ穴を使うことが
出来ない。
ギアにネジの頭が当たってしまうのである。
仕方が無いのでモーター本体に軸受を接着していた。
強度的には問題はないのだが、テスト時はともかくとして、実用に入り、かつ
長時間使用となると果たしてどうなのか?という疑問はあった。

Sun4_20100103
 量産も考慮して作成したケーシング

箱根駅伝を見ながら、あれこれと思案しながら試行錯誤して試作を行った。
結果として、10.0φ(内径)に0.3tの真鍮板を曲げ、4.0φの軸(パイプ)を
ハンダ付けするような構造にした。
そう書くと簡単に見えるが、ここに到るまで大量の試作品を作り、形が決まった
ところで精度を維持するための治具作成など大変であった。
試作第一号の感じはかなり良かった。
さっそく、10個分の部品を作り、なんとかケーシングを組んだところで時間切れ
となった(いや、体力&精神力切れ)

Sun5_20100103
 秋葉原で廉価に購入したモーターによる吊掛モーター
 どうやら並木精密宝石のコアレスモーターらしいが定かではない。

実はアルモーター1012を採用する前に試作に供した10φのコアレスモーター
が未組みのまま放置してあった。
もったいないので、これも組んで使うことにした。

ということで、結局2010年の研究課題の準備だけで年末年始休暇は終わって
しまった。
本当は、路面電車用(車輪が8.5φ、9.5φ)や機関車用(ギア40枚)のケーシ
ングも作りたかったのだが、時間切れとなってしまった。

もっと休みが欲しい!

|

« 新年2日目 | トップページ | ギア比 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/47195919

この記事へのトラックバック一覧です: 吊掛モーターのケーシング:

« 新年2日目 | トップページ | ギア比 »