« シュタインハイル社のLマウントレンズ | トップページ | 14:20の試作 »

2010.01.24

ウォーム使用型の吊掛モーターの考察

平ギアを使用した吊掛モーターを作る前に、ウィームギアを使用したタイプ
を作成している。
当初は「牽引力向上」を目標として、大型のモーターを使用したタイプで
あった(これについては、いずれきちんと報告したい)
続いては、サウンドを搭載するためのスペース確保のための小型モーターを
使用したものである。

Sun2_20100124
 鉄道模型日誌によると、2008/5/2に製作されている

ウォームギア(エンドウ2:16)はすでに使い慣れたものであり、後は小型モーター
用のブラケットの作成である。
これも大した手間ではなく、量産性を考慮してネジを含めて3個の部品で構成され
ている。

Sun3_20100124
 台枠は天賞堂の旧型EF級の規格で作成

旧F級電機をテスト用に選択したのは、4個モーターでは判らなかった回路の組み合わせ
(3個直列/2台車並列、2個直列/3セット並列、6個直列など)をテストするためだ。
実際、4個のときには判らなかった牽引力や電力消費のデータを取ることができた。

悲しいことがある。
この吊掛モーターを作成したときには、このモーターは12V用として購入した。
なにしろ、1個が100円!という廉価さもあり、無理なテストをして焼いてしまっても
(注:かなりムリをしたのに、実際は1個も焼けたことがないのは凄いことだ)
そのつもりでテストを続けてきたのだが、「本当にそうなのか?」と思っていた。
後日、「すいません、12Vではなく3V用です」という札が下がっていて「ああ、やはり
そうだったのか」と納得した。
とはいえ、かなりの徒労感はある。
それもあるのだが、こちらは自分のミスで計測データが記録として残っていない。
日誌に残っているものはこれだけだ。
 2008/5/4  全並列の回路で走行 最大負荷時に16V/1A
 2008/5/18 直並列(3個直列/2セット) 16V/0.2A
 2008/6/21 テストを実施 =>たぶん2個直列/3セットだと思われる
記録をきちんと残すことをしなかったのは反省しなくてはいけない。

結局、間違った理解(情報)で動力装置を試作し、なんとなく「これはダメか」
という判断で次のステップ(平ギア式)に移行したことになる。

Sun5_20100124_2
 軽い車両で重量貨物を牽引すると、下り勾配でこうなることもある

最期に、テストの結果「牽引力と電力以外」に判ったことがある。
これは、さらに平ギア式の吊掛モーターで顕著になるのだが、軽量で牽引力のある?
車両で下り勾配を走行すると、過スピードになり脱線することがある。
このようなことがどのような状況で発生するか?ということが判ったことは良い教訓
である。

Sun2_20100124_2
 製作を待つEF58(鉄道模型社のボディだけではない)

このような振り返りをしているのも「そろそろ車両製作をしたい」という願望である。
それにしても、動力装置を変えるということは、本当に手間である。

|

« シュタインハイル社のLマウントレンズ | トップページ | 14:20の試作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/47375860

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーム使用型の吊掛モーターの考察:

« シュタインハイル社のLマウントレンズ | トップページ | 14:20の試作 »