« ギア比 | トップページ | 吊掛モーター(14:40)のテスト車両 »

2010.01.11

吊掛モーターの量産

なにしろ、吊掛モーターは数が必要である。

Sun4_20100110
 14:40(1:2.857)と14:28(1:2)のタイプを作成

ギア比による牽引力と電力消費の計測のため、新たに14:40のタイプを
作成した。
数はたったの4個であっても、治具を作らなくてはいけないので、手間は
むしろ14:28よりかかる。
予備も含めて、モーターブラケットを6個作成。
全部で8個を完成形にした。
テストをしてみると、新しくロックタイトで固定する方式のギア(14枚)が
2個抜けてしまった。
どうやら、切り出したギア(t0.8)を接着後、厚さを0.6mm程度に軸ごと削る
ときにムリな力がかかってしまい、接着が外れてしまうようだ。
これは改善しないといけない。

Sun5_20100110
 厚さt0.5の14枚ギアで作成した吊掛モーター

14枚のギアを切る治具を新たにt0.5のものを作成。
それを使用したモーターを2個作成した。
こちらについても、早く走行可能にしてテストをしたいと思っている。

|

« ギア比 | トップページ | 吊掛モーター(14:40)のテスト車両 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/47260239

この記事へのトラックバック一覧です: 吊掛モーターの量産:

« ギア比 | トップページ | 吊掛モーター(14:40)のテスト車両 »