« M9でHologon16F8(ハード編) | トップページ | 試行錯誤 »

2010.02.07

M9でHologon16F8(実写編)

さて、Hologon16F8の実写編である。

まずは結論からいこう。
M9とM8の撮影結果の比較だ。

Holo9_20100207
 M8+Hologon16F8(絞り開放(笑)) 写りは「普通の広角」という感じ

Holo10_20100207
 M8+Hologon16F8 いい感じの写り。しかし「普通の広角」である

Holo7_20100207
 M9+Hologon16F8 この周辺のマゼンダ被りは・・

Holo11_20100207
 M9+Hologon16F8 どうやら「中央と比較して、極端に暗い、または明るい」
 とマゼンダ被りするようだ。

上2枚の画像を比較するとはっきりする。
M9でHologonを使うと、Super-Angulon21F3.4以上に周辺がマゼンダ被りする。
まあ、当然予想されることではあるのだが、M8がx1.33の画角であることを
考慮したにしても、このマゼンダ被りは極端すぎるのではないだろうか?
そういう意味では、M8が「急いで発売したので荒削りなところがある」と思って
いたのだが、画像だけ見ると「M9はまだまだファームや画像エンジンについて
見直しが必要なのではないか?」という疑問が湧いてくる。

とまあ、結論が出てしまったような感じもあるが、このまま「M9による超広角
レンズのダイナミズム」を味わうのを捨ててしまうのは惜しい。
こういうときに「悪あがき」をするのが私の取り得だ。
あれこれと試してみると「中央部分と比較して、周辺が極端に明るい、または
暗いとマゼンダ被りする」ということは経験的に判ってきた。
(注:私は画像のプロではない。あくまで経験上での話しである)

ならば「そうならない被写体を探せば良い」のである。

Holo12_20100207
 完全に日陰。これならばまあまあ問題なし。

Holo13_20100207
 ビルの谷間。これもまあまあいける。超広角のダイナミズムも堪能できる。

昼間なら、この手の撮影で結構楽しめる。

Holo14_20100207

Holo15_20100207

Holo16_20100207

Holo17_20100207
 夜景。これならば明るいも暗いもない。ただし、光源の色がときどきマゼンダ
 被りすることもあるが、夜景ならば気にならない(笑)

さすがはデジタルのM9である。
Hologon16F8のような暗いレンズであっても、ISO感度設定で色々なシチュエーション
に対応可能だ。
夜景ならば、中央と周辺の極端な明るさの差は発生しない。
点光源の色がたまにマゼンダ被りしても、ほとんど気にならない。
むしろ、M9のおかげで「超広角レンズを手持ちで夜景撮影に使える」という
面白さは、やってみるとかなりクセになる。

最期にAE加工してから、日中のかなり明るいときにM9で撮影。

Holo20_20100207
 ここまで来ると「特殊効果?」といいたくなる、芸術的なマゼンダ被り

なにかこう、犬(チョコ君)がオーラを発しているような感じである。
もう、なんともしようがない脱力感・・・

使い方の工夫でなんとかするにしても、M9の画像エンジンの対応で
超広角レンズ(Hologonはともかく、Super-Angulonは自社ブランド品)
の対応はやってもらいたいものである。

|

« M9でHologon16F8(ハード編) | トップページ | 試行錯誤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/47499032

この記事へのトラックバック一覧です: M9でHologon16F8(実写編):

« M9でHologon16F8(ハード編) | トップページ | 試行錯誤 »