« 14:20の試作 | トップページ | M9でHologon16F8(ハード編) »

2010.02.06

英国のレンズが使ってみたかった!

Leica M9が来て3ケ月ほどが過ぎた。

日本とドイツのレンズが使ったが、こうなると「他の国のレンズはどうなんだ?」と
いう気持ちになってくる。

そんなおり、このようなものを入手することが出来た。

Sat1_20100206
 DALLMEYERの引き伸ばし用レンズ、2inch F3.5(らしい)

ダルメイヤーの引き伸ばし機用のレンズである。
2inchであるから、おそらくライカ用の50mm(51.5mm)と同じであろう。
ケースも外観もかなりカッチリとしていて高級感?がある。

Sat2_20100206
 Sマウントの50mm用のマウント部を作成

ほんとうは、このレンズに合わせてL39のヘリコイド素材を入手したかった
のが出来なかった。
仕方ないので、Sマウントの50mmのマウント部を作って取り付けた。
意外に面倒であった。
なんだかんだと調整を行い、インフを出した。

Sat4_20100206
 絞り開放、解像度は今ひとつだか妙に色ノリが良い

まずは無限通が出ているかどうか?である。
Lumix G1でも見てみたし、M9での撮影結果も見たが「たぶんこれで
無限遠なんだろうな」という感じだ。
解像度が低いというより、どうも明るい場面があると盛大にハレーション
が発生するようだ。

Sat6_20100206
 寒い中、チョコ君を撮影。ボケ味はクセが無い感じ

日陰でのポートレートではまあまあである。

結局「これがダルメイヤーの味」というほどではなかった。
まあ、そんなに良いレンズなら、とっくに誰かが改造しているはずだ(笑)

|

« 14:20の試作 | トップページ | M9でHologon16F8(ハード編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/47493549

この記事へのトラックバック一覧です: 英国のレンズが使ってみたかった!:

« 14:20の試作 | トップページ | M9でHologon16F8(ハード編) »