« Rollei SL2000F 撮影のための準備 | トップページ | Rollei SL2000Fのバッテリーパック(復活) »

2010.02.28

Rollei SL2000Fのグリップ

Rollei SL2000F,3003の撮影準備は終わった。
それなのに雨である。
まったく残念なことだ。
撮影は諦めて、以前から書こうと思っていたローライSL2000F用のグリップについて
の話をする。

Rolleig1_20100228
 SL2000Fの左右にあるレリーズ、3003のように上部にはない。

カメラ関係の書籍にも、ネット上の話を見ても「両側のレリーズで右手、左手で
レリーズできるようになっている」とある。
しかし、実際に使っていると少し疑問を感じる。
それは、このレリーズのある位置なのである。
ハッセルをお持ちの方は判ると思うが、ハッセルやSL2000Fのような箱型の
ボディは、抱え込む、あるいは手で包み込むような形でホールドするのが
使い易い。
そうなると、レリーズは前面に欲しい。
SL2000Fのレリーズ位置でも、確かにボディ下部から手で包むように持てば
丁度良い位置ではあるのだが、そうなるとウェストレベルファインダーならば
良いが、アイレベルではフォーカシングがやりにくい。
私は、このレリーズの位置は「ホールドを補助する装置とセットで考えるように
なっている」と思っていた。

そういう疑問を感じて数年・・・・
あるとき、ようやくRolleiSL2000F用のグリップを入手出来た。

Rolleig2_20100228
 まるで航空撮影用のようはSL2000F用のグリップ

これがそのグリップである。
3種のパーツから成っており、セットで売ればよいのになぜかバラで販売されて
いた(箱が別なので)という事実は、「もし1パーツでも入手できなければ能力を
発揮出来ない」というのがなんとも面白い。

結論から言うと、このグリップがあるとSL2000Fの使い勝手は大きく改善する。
というか、一度これを使ってしまうと、裸のSL2000Fを使う気にはなれない。

Rolleig3_20100228
 グリップ内に内蔵されたピンが絶妙な感触でレリーズを押す

言葉では説明しにくいが、このグリップのレリーズは大変いい感じである。
普通、なにかを介してレリーズを押すと、フィーリングがどうしても低下する
ものである。
しかし、このグリップに関しては「これが入ることにより劇的にフィーリングが
良い」のである。

Rolleig4_20100228
 3種のパーツ。グリップ本体、支持部(レリーズピンあり)、ボディ接続部

グリップはともかく、他のパーツは極めて簡素な形をしている。
カメラのような重いものを、このような単純なダイキャストパーツでガッチリと
支持できるというのは、なんとも巧みな構造である。

Rolleig5_20100228
 グリップ部 六角ボルト1本で必要部分が全て外せる。

支持部、グリップ上部(ハンドストラップ)、反対側の支持部受けの蓋が
ボルトを緩めると外れる。
このグリップ、両側に支持部を固定できるようになっており、利用者の都合で
簡単に組み替えが出来る。
なんとも賢いしくみだ。
ハンドグリップ部のところには、実はレリーズを押すしくみがあるのだが、
SL2000F側にこれを受けるしくみはなく、たぶん他のパーツとの組み合わせで
何かを実現するのであろうが、残念ながら私はそれを所有していないので
謎である。

Rolleig6_20100228
 巧みなダイキャストの造形により、ボルト1本でがっちりと固定される。

支持部については「こんなに細くて大丈夫?」と思うのもさながら、ボディ接続部
との固定がボルト1本で果たして緩んでしまわないのか?という疑問はあった。
しかし、実際に使うとダイキャストの造形の微妙さにより、ボルトを締めると
ビクとも緩まない。
良く考えられたしくみである。

Rolleig7_20100228
 工具(6角レンチ)はグリップに格納。

グリップを使うための6角レンチはグリップに格納されている。
何をするにもこれを使うので、このしくみはありがたい。

3003では上部にレリーズが付き、ビデオのように保持できるハンドグリップが
付いたのでこのグリップは必要ないが、SL2000Fには必需品である。
このようなアイテムが、本体の何倍もレアアイテムなのは残念なことだ。

|

« Rollei SL2000F 撮影のための準備 | トップページ | Rollei SL2000Fのバッテリーパック(復活) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/47685087

この記事へのトラックバック一覧です: Rollei SL2000Fのグリップ:

« Rollei SL2000F 撮影のための準備 | トップページ | Rollei SL2000Fのバッテリーパック(復活) »