« 電機の動力装置の話(1) | トップページ | 電機の動力装置の話(3) »

2010.06.19

電機の動力装置の話(2)

1軸に1モータの方式を試すことになった。
テストとなると、やはり軸数が少ないものから始めるのが早い。

Bmove1_20100619
 こういうときは、私の大好きなB型電機を使う

ということで、私の大好きなカツミのB型電機を使うことにした。
動力装置が改造によく耐えることもある。

Bmove2_20100619
 左はウォーム交換したEB58、右はテスト用動力(以前は1M)

前から試してみたいと思っていたこともあった。
それは「16番の機関車は急勾配を登るときには、フランジを擦って
登るのが牽引力を出す秘訣ではないか?」ということである。
となると、動輪が大きいほど擦る面積は大きい。
このテストのために、20φの蒸気用の動輪を譲ってもらった。
これで「仮称EB54」が作れるのである。
EB58については、現在普通に入手可能なエンドウ16:2のウォーム
を装備した。
EB54については、画像では2Mになっているが、そのときはサイドワ
インダーであった。

仕様としては、両車とも200gにした。
 注:いさみやの牽引力測定は、以下のランクに分けている。
   超軽量級 : ~200g
   軽量級 : 201g~400g
   中量級 : 401g~700g
   重量級 : 701g~1000g

テスト(2007.2.12)では面白いことが判った。
 ・EB58(1M) :いい調子だったがウィームが抜けてしまった。
 ・EB54(1M) :勾配途中で動輪の回転が遅くなって止まる。
モーターは同じである。
ということは、EB54の方が粘着が良いのである。
EB58は空転させているうちに熱を持ってウォームが抜けてしまう
のである。
ということは、1軸1モータにすれば、1個のウォームにかかる負担
は減るうえに、モータが倍になるのでパワーには余裕が出来るの
である。

Bmove3_20100619
 またまた大量にモーターを仕入れてきた!

ということで、あれこれとモーターを購入してきた。
なにせ、1両に2個も搭載するのであるから、廉価でかつ調子の
良いものを探さないといけない。

Bmove4_20100619
 2種類の2M式。比較のため1M仕様も整備。

あれこれと試した結果、一番長いものと一番薄いモータの2M仕様
を作成した。
1M式についても整備をした。
前回の1M式の教訓を生かして、接着剤も耐衝撃性の強いものに
変更した。

ということで、実験風景の画像が残っていたのでUPする。

Bmove5_20100619
 これからテスト走行に向かうEB電機。
 1両400gもある貨車をこれだけ牽引するのは猛烈に過酷だ。

Bmove6_20100619
 最難関の2%(一部3%)勾配を駆け上がる1M式のEB58

Bmove7_20100619
 続いて2%勾配に挑むEB66(2M)

Bmove8_20100619
 一番急な一部3%を越えたところ。あと少しで勾配を抜ける

牽引力の測定結果は以下の通り。
(テスト実施は2007.3.11)
 ・EB10(2M薄型モーター) : 5.75両
 ・EB66(2M厚型モーター) : 4.5両
 ・EB58(1M厚型モーター) : 3.25両

車重がたった200gしかない車両が5.75両(2.3kg)の鉛貨車を引いて
2%勾配を駆け上がってしまうのである。
400g貨車を5.75両という牽引力は、700g級ED電機と同等または
それ以上の性能である。

私はこの結果で一つ自身を持てたことがある。
以前から疑問に思っていたのだが「同じ動力装置の性能で、牽引力
を上げるために死重(ウェイト)を増やすのはおかしい」である。
確かに、静止状態から引き出すときには車重がある方が良いとは
思うのだが、勾配区間では逆に足を引っ張るはずである。
それがこのテストの結果、少し証明できたように思えたのだ。

自信が出てきたので、いよいよ大型の車両の1軸1モーター式の
テストである。
もし、それがうまくいけば「ウェイトを減らしても牽引力のある機関車」
が作れることになる。
そうなれば、DCCサウンドの実用化が楽になるはずだ。

                         この話、続く

|

« 電機の動力装置の話(1) | トップページ | 電機の動力装置の話(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電機の動力装置の話(2):

« 電機の動力装置の話(1) | トップページ | 電機の動力装置の話(3) »