« Leica R8で撮影 | トップページ | 全てはここから始った! »

2010.06.28

タンバール

先日、M9+Thambar90F2.2で近所のあじさい寺を撮影した。
ここの山手にある墓地に父は眠っている。
まあ、墓参り(掃除ともいう)に行くと「ああ、あじさいが綺麗だな」と思うのだが
週末は車で行っても用事があるので撮影をなかなか出来なかった。

ということで、ようやく撮影を実施。
銀塩はブロニカD、デジタルはM9という陣容。
レンズはNoctilux50F1.2とThambar90F2.2を選択した。

いずれも絞り開放で撮影。
まあ、私らしいのである。

Thambar1_20100628
 このカットだけが蓮。やはり白がデジタルでは出ない。

Thambar2_20100628

Thambar3_20100628_2

Thambar4_20100628

Thambar5_20100628

Thambar6_20100628

Thambar7_20100628

こうやって撮影していると、タンバールというレンズは、画像というか
写りが意外に芯のある写りをするので、いわゆる「世間でいうソフト
フォーカスレンズ」とは違ったものになる。
それだけにちょっと使い方が難しいかもしれないが、使ってみると面白い。

|

« Leica R8で撮影 | トップページ | 全てはここから始った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/48744680

この記事へのトラックバック一覧です: タンバール:

« Leica R8で撮影 | トップページ | 全てはここから始った! »