« 長年のブランクから復活のダックステンダー | トップページ | 珊瑚のDC12をサウンド化する »

2010.08.29

ContaxIのカメラケース

久々?のカメラねたである。

先日、高島屋のカメラ市に行った。
なんとなく行ってみただけなのであるが、珍しく釣果があった。

Contax_i1_20100829
 正面からの姿。刻印と皮の色が素晴らしい。

Contax_i2_20100829
 真横の姿。側面上部は新しいパーツで修復されている。

Contax_i3_20100829
 後ろから見たところ。カバンのような感じがいい。

自慢ではないが、ContaxI型を2台所有し、しかも「ちゃんと撮影している」
にもかかわらず、皮ケースを所有していない。
I型を所有している人(はかなり少ないと思うが)は判ると思うが、なにしろ
I型の釣管の耳はネジ止めですぐに外れやすく、事実私のI型(Ver.2)は
事実1回の落下事故を経験しているのだ。
(注:その後、銘修理人のおかげで奇跡的に復活)
そのような経験のため、皮ケースを探していたのだが、これがなかなか
見つからない状態が長く続いた。
それがようやく入手出来たのである。

Contax_i4_20100829
 さて、ContaxI型で使用できたか?

結果的には、ウチにあるVer.2とVer.7とも「小ネジ仕様」であった。
う、う~ん・・・・
皮ケースは大ネジである。

さて、これは改造して使うべきなんだろうか?
現在、思案中だ。

Sound_d4_20100829
 ナローのDCC+サウンド対応も進行中だ。

猛暑にグッタリしつつ、ナローのDCC+サウンド対応も進行中である。
なんだかんだと進捗が遅いが、レイアウトもなんとかしたいものである。

|

« 長年のブランクから復活のダックステンダー | トップページ | 珊瑚のDC12をサウンド化する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/49287106

この記事へのトラックバック一覧です: ContaxIのカメラケース:

« 長年のブランクから復活のダックステンダー | トップページ | 珊瑚のDC12をサウンド化する »