« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »

2010年8月1日 - 2010年8月7日

2010.08.07

変化する銚子電鉄

珍しく実物の話。
先日、新車の運用が始まった銚子電鉄を見てきた。

Chyosi17_20100807
 運用の始まった2000系。 8/6はグリーンの方であった。

Chyosi22_20100807
 端正な顔立ち。これからの主力にふさわしい。

Chyosi21_20100807
 少しお疲れ気味の1002。彼らの運命も気になる。

炎天下、1日撮影をしていたが、どういう訳か鉄道を見ていると暑さが
それほど気にならない。
2000系はクーラー使用なしであったが、どうやら銚子は都心より少し涼しいよう
で、吹いて来る風で十分に涼しかった。

Chyosi29_20100807
 木製の架線柱、木製の枕木。 これらも過去帳に入ろうとしている。

今回、銚子電鉄の撮影のために重い腰(いや、全身か?)を上げたのには
理由がある。
新型が導入される以上、保線も進むはずである。
危険ではないにしても、やはり他の地鉄並みに保線は進むはずである。
木の枕木、年季の入った架線柱はいずれ過去のものになるはずだ。
それは、正しいことだ。
銚子電鉄は「地元の人のための生きた鉄道」なのである。
地元に貢献し、利益を上げるために施設はどんどんと更新してもらいたい。
そして、生きている姿を保って欲しい。
この架線柱は君ヶ浜の畑の中のものであるが、事実この前後はPC架線柱
に交換されている。
ひたひたと「近代化」の波は近づいているのだ。
そして、各駅の空いた土地に、PC枕木が山積みされていた。
いずれ、線路の更新も開始されるだろう。

鉄道ファンとしては「生きている鉄道」をいつまでも残して欲しい。
しかし、モデラーとしては「古風な姿」に郷愁を感じるのも事実である。
ならば「記録できるうちに記録しておこう」と思うのである。

そういえば、以前「模型としての架線と架線柱の話」をするとUPした。
色々と取材はしているのだが、どういう出だしにするか迷っている。
「実物の話」をするのではなく「模型(それも架線集電する)」の話なので
どうしたものか?と思っているのだ。
思いつきで言ったことを、実行するのは案外難しいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.04

花巻デハ5+サウンド化(一応終わり?)

別にどうということもない作業なのに、1日サボってしまった。

Hanaden1_20100804
 配線をビニールテープでまとめたところ

配線をビニールテープでまとめ、コンデンサとスピーカーの位置関係を
こんな感じ?とまとめたところ。
あとは、ボディ内に押し込むだけだ。

Hanaden2_20100804
 終わってしまえば、普通の花巻デハ5

スピーカー下部のところは、ボディ側に棚を付けてその上に置いてある
だけである。
まずはこれで十分であろう。
(注:スピーカーのエンクロージャが鉛製でそれなりに重いから)

これで車両はなんとかなった。

あ!まだ3両あるんだった!(忘れていた)
まあ、同じ調子で改造すればいいのだから、たぶん大丈夫だろう。
問題はレイアウトである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.02

花巻デハ5のDCC+サウンド化(復活編)

昨日はとってもどよ~んとした。
なぜに2年前はしっかりと使えたSFX004の音が出ないのか・・・・

今日は1日、仕事もしないで(おい!=>オレ)しみじみと考えた。
そのくせ、地元の居酒屋で生ビールを呑んで帰宅。
チョコ君は「この暑い中、待っていたんだぞ!(怒)」と吼えられて散歩。
それも終わってから、いよいよSFX問題に取り組む。

Hanaden1_20100802
 昨日のように、またPR2とSFX004に悩む・・・

とりあえずは、スピーカーをあれこれ(16Ωや32Ωにしたり)交換してみるも
やはりLoad出来ない・・・
ああ、またダメ・・・・なのか・・・
ふと「そういえば、DigitraxのサウンドのLoco-Typeが増えていたよな」という
ことを思い出した。
ひょっとして・・・と思ったところ、Street Car(peter Witt)という路面電車の新しい
spjファイル(SFXにLoadするもの)があるではないか!

こ、これだ!

で、さっそくDownLoadしてみると・・・・・・「お!ちゃんと音が出る!!」
や、やったぞ~

Hanaden2_20100802
 ついに、花巻デハ5によるDCC+サウンドの試走!

Loadが可能になったので、とりあえずホーンの音を都電のものに変えて
再度Loadし、花巻デハ5の動力に載せてテストをしてみた。

う、う~ん、音が出るのって楽しい!
フットゴング、ホーン、ドアの開閉音、なにやらカチカチなる音(たぶん降車ベル)
にコンプレッサー・・・・
組み合わせてあれこれ鳴らすと、なんか実車を運転している気分!
ああ、これだ!これがやりたかったんだ!
路面電車でウォークアランドをやる場合、途中で貨車の連結/開放のような
ミッションを設定するのが難しい。
その代わりに、警告音やドア開閉(擬似だけど)をやるのである。

うんうん、これであとは車体内に押し込めば次のステップである。

路面電車(軽便)のレイアウトが、いよいよ一歩近づいた感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.01

花巻デハ5のDCC化+サウンド

暑さに負け気味で遅れているが、花巻デハ5のDCC化である。

Hanaden1_20100801
 モバイルはDZ125、サウンドはSFX004を使う

動力側は4PINのコネクタを取付け、デコーダはDZ125とSFX004を使う。
この組み合わせは、2年前にテスト済だ。

Hanaden2_20100801
 久々の赤箱によるデコーダの設定

アドレス以外に変更しなくても・・と思ったのだが、モバイルだけでテストを
すると、やはりスピードが速すぎる。
CV5(最大電圧)などをいじって調整してみようかと思ったのだが、あまり
変化は無かった。
まあ、フルスロットルにしなければいいだろう・・・と、とりあえずはサウンドの
準備を行うことにした。

Hanaden3_20100801
 スピーカーは16φ、エンクロージャは鉛で作成

MRCの20φでも入るはずなのだが、今回は16φのスピーカーにしてみる
ことにした。
小さいレイアウト用でもあるし、ウォークアラウンドで使う場合は音量は小さく
ても目の前の車両で出すのであるから問題はないはずだ。
このスピーカー、かつては低音が出ない、ビリビリと振動してしまって不快
である・・・など問題があったのだが、2年ほどまえに鉛板でエンクロージャ
を作り、MRC同様に引っ繰り返しに取り付けるようにしたところ、問題が
解決したのである。
こういう「オーディオの常識を引っ繰り返す発想」は、やはり米国人に方が
上手であり、それを真似したのである。
強いて言うなら、エンクロージャの作り方がオリジナルなだけだ。

Hanaden4_20100801
 久々のDigitraxのPR2、だが、なんと・・・

別に2年前にはしっかりと使っていたサウンドのspjファイルのロードである。
最初、ちょっと手こずった(やり方を忘れていた)のだが、結局はロードできた。
そこまでは良いのだが、なぜか走行音と汽笛が出ない。
フットゴングとコンプレッサだけの音が出る。

こういうこと・・・あったな・・・・
ただし、それはSFX064ではあったが・・・

どうも、Windows XPの版数UPがなにやら影響しているようである。
仕方なく、USBアダプタ、PR2のローダ(V1.17=>V1.23)をUPしたのだが
どうもダメである。

ああ、またサウンドというか、電子機器(というほどかどうか)で躓くのか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »