« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2010年8月22日 - 2010年8月28日

2010.08.28

長年のブランクから復活のダックステンダー

昨日は、ナローの車両をサウンド化するためのスピーカーの買出しやら
なんやらをしに出かけた。

帰宅して猛暑の中を歩き回った疲れを実感しつつ、ダックステンダーの
続きをやる。

Dackst2_20100827
 カーブ通過のテスト。これはTOMIXのR177。

TOMIXのR177のカーブを購入してきたのでテストをする。
もっとも、このカーブは来るべき花巻レイアウト作成のための実験用に
購入したものなのだが。

走行させてみると、以下のようになる。

Dackst1_20100827
 前進させると、第一動輪が乗り上げてしまう。

後進ならまあまあの走りなのだが、前進では第一動輪が乗り上げて
しまってダメである。
さて、なにがダメなのか?

Dackst3_20100827
 台車一体のドローバー。これが問題だと思われる。

どうも台車一体のドローバーが長すぎて、カーブで本体をコジってしまう
ようである。
やはり、分割式にしないとダメか?

Dackst4_20100827
 下がドローバー部が分割になったタイプ。

なにせオリジナルがどうなっていたか?なのではある。
結局、テキトーに自分流にしてしまうのが私らしい。

Dackst5_20100827
 テンダーに取り付けたところ。まあ、こんなものか?

台車センターピンからドローバー部までの距離は今までと同じである。
先が細くなったのが良い感じか?

Dackst6_20100827
 R177を走行。快調である。

結果、快調に走るようになった。
ついでに、動輪を掃除したのでいい感じである。

Dackst7_20100827
 R144を走行。それなりに走る。

かつてはR150で運転をしていたのであるから・・ということで、R144で
テスト。
うんうん、まあまあよく走る。

これでどうにか復活。
本当に長い間、放置プレイしていたダックステンダーであるが、21世紀に
なってどうにか復活。

ダックスシリーズについては、カーブ通過うんぬんを言う人がいるが、
我が家では伝統的にR150で使用してきたし、今回はそれにさらに改善を
加えたのであるが、別段どうということもない加工でR144通過するのである
から、私は「カーブ通過性能の問題は、ダックスの問題というよりはオーナの
取り組みの問題である」と思う。

ああ、追加でダックス欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.25

珊瑚の沼尻DC12にサウンドが・・

Wed3_20100825
 DC12にDZ125とSFX004、そしてスピーカーを入れてみた

前のUPにちょっと出てきたDC12である。
「ひょっとするとサウンド化できそう」という、ほとんど野生のカンだったの
だが、SFX004に16φのスピーカー、DZ125を入れてみたら呆気なく入りきって
しまった。

よしよし・・

以前、DD13用に作成したspjファイルの定義体を基に、DC12らしい音を作って
やればいいんだな。

で、沼尻DC12ってどんな音なんだ?
(たぶん、民生か日野のディーゼルエンジンなんだろうけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.24

まだまだゆる~く続くダックステンダーの修理

レイアウトの台枠・・・と考えながら帰宅した割りには、家に入ると車両
工作をやる気になっている。

Duckst1_20100823
 まだまだある懸案の修理車両、珊瑚のDC12である。

前に出てきたコッペルとともに「ムさんに直して使ってもらいたいんです」
と譲ってもらった沼尻のDC12である。
この車両も、ついに整備するときが来た。

Duckst2_20100823
 単純にモータ交換だけ・・とはいかない。

調べてみると、単純にモータ交換だけではダメである。
触っているうちに、あちこち外れてきた。
ひょっとすると?サウンド化もできる?という気にもなってきたので、塗装を
剥がしてきちんと修理することにした。

さて、いよいよダックステンダーである。

Duckst3_20100823
 テンダー後部の台車。カプラー台を付けたのだが・・・

Duckst4_20100823
 ちょっと出っ張りすぎである。かつてはこうではなかったはず。

後部台車にカプラーマウントを付けた。
なんとなくエイヤ~!と曲げて付けてみると、一見良さそうだったのだが
どうも出っ張りすぎてカッコ悪い。

こりゃダメだ・・

Duckst5_20100823
 直角に曲げなおし。

Duckst6_20100823
 まあまあになった。これで良しとしよう。

今度はかっちりと直角を出して曲げてみた。
これならいいだろう・・という感じになったので、これで良しとした。

ここで残りは明日・・・と思ったのだが、ここまで来たのだから、とりあえずは
組み上げてみようという気になった。

Duckst7_20100823
 折れるんだよね・・・このプラの外側台枠は・・(遠い目)

ダックスでやりがち・・というか、必ずやってしまうこと。
プラの外側台枠が折れてしまった。
ゴムのりでくっ付けて対応・・というのは、もう30年以上やってきた方法で
ある。
いずれ、リモネンを試してみよう。

Duckst8_20100823
 とりあえず形になったところ。こうして組み立ててみるとカッコイイ。

まだまだ調整をしなくてはいけないが、こうして完成形になってみると、
ダックステンダーはカッコイイ。
ウェブで見ていると、たまに「こういうフリーの車両は・・」と書いている人を
見るが、私は鉄道模型は「走らせて楽しむもの」という観点からすると、
別に実物が存在する必要はなく、「走らせて、眺めて楽しむ」というのが
あっても良いのではないかと思う。

さて、まだまだ宿題がいっぱいあるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.22

あくまで緩く続くダックステンダーの修理

今日もまた暑かった。
昨日のうちに雑用を済ませ、今日はナローのレイアウトの台枠を作るつもり
であった。
などと思いつつ、AMはやっぱり雑用で潰れた。

午後になって「よし!やるぞ」と重い腰(いや全身か)を上げ、車で木材を
買いに行った。
DIYセンター、見ていると楽しいので、帰宅したら13:30であった。

ああ、暑い・・・
もう車を運転する用事はないから、昼食はビールでも呑んで・・・

気が付いたら外は暗くなっている(驚!)
ああ・・・・うっかり寝てしまった(ちなみに18:30)

このままでは、今日はな~んにもしないで終わってしまう・・

ということで、ダックステンダーの修理の続きである。
(どんな帳尻あわせなんじゃ?=>オレ)

Sun1_20100822
 モータブラケットの作成

先日、ダックステンダー用にモータを買った。
サドルタンクの方は、確かキドマイティだったな・・と思うので、同じものに
しようか?とも思ったのだが、一時期入手難であったマシマさんのモータ
が、どうやら再生産になったようなので、こちらを使おう(少しでも売上に
貢献せねば!)ということになった。
0.6tの板をチョチョイとやれば、別にすぐに完了である。
(ゆえに、今回の帳尻あわせ・・・となる)

Sun2_20100822
 ドローバーは台車に取り付け

ここで終わっても良かった(帳尻あわせとしては)のだが、せっかくヤル気に
なったので、ドローバーも作ることにした。
どうやら台車マウントのようなので、これもチョチョイと0.6tの板をカットして
作ってみた。
台車には1.0φのネジで止めることにした。

Sun3_20100822
 無事にドローバー取り付け完了!

まあ、難易度は極めて低いので、普通に完了。

Sun4_20100822
 ドローバーの高さは合っているようだ

どうやら、高さはこれで良いようである。
そういえば、もう片方(カプラー側)も台車マウントなので、同じものをもう一個・・
と思いつつ、今日はこれで作業終了である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »