« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »

2010年10月31日 - 2010年11月6日

2010.10.31

草撒き職人

天気の悪い日が続く。
台風まで来てしまった。
それとは関係なく、しばし模型工作が停滞してしまった。
そのせいで、レイアウト関係で確認することが停滞したままになってしまい、
自分なりにガッカリなので、そろそろ挽回したいと思っている。

軽便祭りでは、あることがレイアウトに関して、一番の収穫であったと思って
いる。
それは、はまとんさんのOナローレイアウトであった。
はまとんさんのレイアウトでは、今までに見たことがない方法で、草の表現が
されていたのだ。
従来からのライケンとスポンジ粉ではなく、細かい繊維状のものが、なんと!
直立して生えているのである。
これは驚きであった。
拙い技術しかない私は、以前から「植生の表現をケースにより変える」という
ことが出来ないのだろうか?と思っていた。
たとえば、高原と平地では違うだろうし、森林でもまた色々と違うだろう・・と。

ということで、教えてもらった機材を購入に天賞堂に行くことになった。

Kusamaki1_20101031
 NOCHの草撒き装置一式。

購入した機材がこれである。
正直言って、値段はけっこうする。
もっとも、これを1台買うと、ほぼ一生使えるだろうし、レイアウトをいっぱい作れ
ばイニシャルコストがかかるだけで、撒く草の素材は極めて安い。

Kusamaki2_20101031
 アドバイスに従い、口を狭くする。

はまとんさんにアドバイスを頂いたのは「NOCHの荒い目の網では、ドサっと
素材が落ちてしまい、ベタっとした草の表現になる」ということであった。
ボール紙を切って(画像右)、口を狭くする。

Kusamaki3_20101031
 テスト用地面を作る。

続いては、テスト散布用の地面を作る。
私の地面の表現では石膏は使わない。
発泡スチロール(またはベニヤ板)にペーパータオルを貼る方法である。
これはかつていさみやの社長さんに教わった方法で、このやり方で作ると
軽く仕上がり、ゴミも少なく、後で改造したいときにカッターナイフでサクサク
カット出来るので便利だ。
また、今回の「草撒き方式」においても、ペーパータオルが木工ボンドを吸い
込んでいる上から散布するので、付きが良いと思ったからである。

Kusamaki4_20101031
 草の素材を入れる。

NOCHの草撒き器の先端部分に素材を入れる。
結構大きな円筒なので、大型レイアウトで行うときにはみっちり入れてもいい?
のかもしれないが、微妙な撒きっぷりにするため、少量をほぐして入れる。
もっとも、後で判ったのだが、多少固まりっぽい状態で入れても、静電気吸着に
より、勝手にほぐれるようである。

Kusamaki5_20101031
 筒の部分を軽く叩きながら・・

地面から2cmほど位置にして、筒の部分を軽く叩くと面白いように垂直に繊維が
立ったように吸着されていく。
最初は全体を揺すっていたのだが、筒の部分を指で軽くコンコンと叩くリズムを
変えてやると草撒きの濃淡が変わって植えることができる。

Kusamaki6_20101031
 まずは短め、続いて長めの草を撒いたところ。

これもはまとんさんからのアドバイスである。
 ・ます下草として短いものを軽く撒く。
 ・続いて、長めの草を撒いていく。
 ・あまりベタっと撒かず、調子を見て軽く撒いていく。
初めてのことなので、まだこれで良いのか?であるが、なるほど、この方法だと
メリハリが付いて面白い。
しかも、微妙に地面が見えるのがまたいい感じだ。

Kusamaki7_20101031
 地面の色調と草の種類で3種を作成。

地面の色調と草の素材の種類で3種類を作ってみた。
地面は乾燥により色調が変わるので、数日後に結果が判ることになる。
それにしても、この草撒き方式は結構面白い。
これからが楽しみである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »