« アルモデル新モータ(0811)による吊掛モータの測定結果 | トップページ | 吊掛モータ(新アルモータ)の修理 »

2011.05.25

アルモデル新モータ(0811)によるレイアウト走行テスト

走行性能は、短い距離を走らせても実力が判らない。
さっそく、レイアウト上で長時間走行をテストを行った。

Wed2_20110525
 自車のみのテスト。

テストはいつもの通りでいさみやの2階のレイアウトのエンドレス(2%勾配あり)
の走行で行う。
10周ずつさせて、モータの発熱状況も確認した。
(ちなみに、ほとんど温度は上がらず)
 +86g(125g)  3.5V/0.01A
 +163g(202g) 3.5V/0.02A
速度は出来るだけ低くしている。
高速で走らせると確かにいい感じなのだが、それでは意味がないからだ。

Wed3_20110525
 自重202gによる牽引力測定!

いよいよ鉛貨車(400g)を牽引するテスト(通称”いじめ”)である。
ウェイト搭載で202g(超軽量級並み)でのテストである。
結果、
 1両(400g) 9V(最急勾配時のみ16V)/0.8A
 2両(800g) ここで片方のモータのピニオンが抜ける(涙)
そういう意味では、400g牽引時点でピニオンは抜け始めていたのかもしれない。
やはり、ピニオンの固定は、もうすぐ入手予定のロックタイト601に期待か?

ちなみに、800g牽引も、片軸のモータだけで16V/0.8Aで2%勾配の途中までは
登ったのだ。
アルモデルの新モータ、0811はかなりのパフォーマンスである。

ああ、それにしても、新しい形式の動力装置を作るのは苦労が多い。

|

« アルモデル新モータ(0811)による吊掛モータの測定結果 | トップページ | 吊掛モータ(新アルモータ)の修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルモデル新モータ(0811)によるレイアウト走行テスト:

« アルモデル新モータ(0811)による吊掛モータの測定結果 | トップページ | 吊掛モータ(新アルモータ)の修理 »