« 修理職人(3) | トップページ | D50(宮沢模型)、小田急3100系のテスト走行結果 »

2011.05.07

修理職人(4)

ここ2日ほど、雑用があったり、なんとなく疲労気味だったりして工作が停滞した。

D50_move1_20110507
 宮沢のD50。廉価ながらもなかなか良く走る。動力のテストにはいい素材だ。

ちょっと前のUPに、IMONのコアレスモータを使いたい!という話をした。
その素材として、宮沢のD50をチョイスした。
ところで、宮沢のD50の動力は、第三動輪にゴムジョイント経由でギアボックスが
あるという、ある意味定番の動力の形式である。
それが悪いという訳でもないのだが、現代的な目でみると「こんなおもちゃっぽ
い動力の伝動でいいの?」という疑問が残る形式である。
事実、動かしてみるとギアボックスが台枠内で踊りまわって、まったくもって音が
うるさいのである。
これでDCCサウンド化したところでどうたってんだ!(怒)という感じである。

ギアボックスがブルブルと振動する原因ははっきりしている。
モータが台枠側に固定、ギアボックスは動輪側のギアに「なんとなく付いて
いるだけ」の形式で、その間がゴムジョイントなのだから、振動しない方が
おかしいのである。
まあ、そうなると解決方法は簡単で、モータとギアボックスが一体になる形式、
つまり、吊掛モータにすればいいのである。

D50_move2_20110507
 20年くらい前にやった吊掛式の形式を作る。

この解決方法は、20年くらい前にすでにやっていた方法がある。
かつて、500号記念のTMSコンペに出したEF50の記事にちょこっと述べた、
簡易式の蒸気機関車の吊掛式モータ化である。
そのときには私も若くて潔癖症だった(?)ので、洋白板のt0.4で作ったが、
もうそろそろ50歳ともなると、「そんないい材料使わなくても平気さ」という
サトリが開けているので、t0.4の真鍮板でサクっとブラケットを作る。

D50_move3_20110507
 ジョイントはカチカチにならない樹脂製

ジョイントは以前は蒸気機関車で良く使うゴムジョイントだった。
しかし、ゴムを使うと短いと2年、長くても6年でカチカチになってしまうので
最近では透明な樹脂製のものを使うようになった。
少なくとも、5年では変化なしである。
これを使うのは、ギアボックスをエポキシで止めるときに、ある程度自由度が
あって、作業が楽だからという意味もある。

D50_move4_20110507
 ギアボックスはエポキシで固定。

相手がダイキャストなので接着剤で固定する。
エポキシで止めるやり方が一番簡単である。
20年前にこのやり方を考案(?)したのだが、現在確認してもビクともしない
ので、+ネジによる固定が不要であることは検証済だ。

D50_move5_20110507
 宮沢模型の台枠はダイキャストで厚めのため、ブラケットを現物合わせでカット。

20年前に作ったときには、アダチの真鍮製フレームであったため、台枠間に
余裕があった。
宮沢模型のダイキャストフレームは素材のため厚く、台枠も削ったが、モー
タブラケットもかなり大胆にカットした。
こういう「現物合わせ」の作業も、模型職人の腕の見せ所である。
(見せても感心してくれる訳でもないが)

D50_move6_20110507
 いよいよ、IMON1616のモータブラケットを作る。

秋葉原で購入したモータの次は、いよいよ本命のIMON1616コアレスである。
このモータ、取り付けネジの間隔が10mmとフルイチ1630と同じなのが
大変助かる(後で、フルイチに変えられるから)。
作り方は、モータ固定部分の寸法が違うだけである。

D50_move7_20110507
 モータブラケットをある程度ルーズに作っておくのがコツ。

私がやっている吊掛式モータブラケットのコツは「後で修正可能なように、
ルーズに作っておく」ことである。
素材が柔らかい薄めのt0.4板なので、後でギアボックスやモータと付けた
ときに、誤差はグイっと曲げて現物合わせで調整してしまうのである。
こういう「ある意味いい加減」なことで凌ぐのは、私も色々なことを経験して
きて「カッチリしていることだけが最善の解決方法ではない」という、ある
意味老境の域に達したということであろうか?

D50_move8_20110507
 ということで、2両の動力が出来た。

さて、「同じ条件」による、モータ違いの動力が出来た。
これで果たしてどのくらいの差が出るのか??
本当に楽しみである。

|

« 修理職人(3) | トップページ | D50(宮沢模型)、小田急3100系のテスト走行結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修理職人(4):

« 修理職人(3) | トップページ | D50(宮沢模型)、小田急3100系のテスト走行結果 »