« 本格大判デジカメ | トップページ | 大判デジカメ使用の準備 »

2011.06.06

プリズナーNo.6

昨日、CONTAX I型(Ver.3)の試写を行った。

Mon3_20110606_2
 CONTAX I型 1/100 Tessar50F3.5 絞り解放

Mon4_20110606
 CONTAX I型 1/100 Tessar50F3.5 絞り解放

近接でファインダー中央にチョコ君を入れて撮影すると、やはりこのように
ズレてしまう。
まあ、判っていたことではある。
スリ傷のないTessar50F3.5は、カッチリと写っていい感じだ。

さて、大判デジカメの試写といっしょに、CONTAX I型もお寺で撮影してみる
ことにした。
そろそろあじさいが咲き始めているころだ。

Mon5_20110606
 ん?なんだこれ??

撮影をしていると、光の柱が現れた!
な、なんだ!!
どうやら、聖域に入れないように私を押し戻しにかかってきたようだ!
こ、これは・・・
光は、なにやら後ろにバラまいている!!

Mon6_20110606
 さらに現れる光の柱、その光で画像も乱れている!!

Mon7_20110606
 ついに、光の柱は次元まで歪ませて聖域への立ち入りを防ぐ!!

とうとう、光の柱は次元をゆがませ、激しい攻撃をしてきた!
危うし!オレ!!
これはひょっとして・・・あの「プリズナーNo.6」では?
私はこのお寺の境内に閉じ込められてしまったのだ!!
  ・
  ・
  ・
あほ!

これはクラカメによくある「心霊現象」に違いない!

Mon8_20110606
 調べて判った「驚愕の事実!!!」

調べてみると面白いことが判った。
それは、このCONTAX I型(Ver.3)を
 (1)まず、1/50のくらいでレリーズする。
 (2)シャッターを巻き上げずに1/25にセットする。
 (3)そのまま巻き上げると・・なんと!隙間が開いて巻き上がる!
面白いのは、微妙にななめの隙間だったり、縦位置で撮影したので、陰に
なった部分(周囲はかなり曇天で暗くなっていた)は半分になったり、早く
巻き上げたので巻き上げ時に微妙に露出して歪んだ像が写ったり・・と
偶然が偶然を呼んで、この面白い写真が写ったのだ。
また、1/25にする前のシャッター速度が、1/100以上だと、これまたこの
現象は発生しないのだ。
曇天や日陰だったからこそ、この現象は発生したのだ!
凄いぞ!プリズナーNo.6!!(違うって)

う~ん、クラカメってすごいな。
こういうスリルとサスペンスまで与えてくれるのだな。

なんにしても、クラカメというのは「この程度のこと」で怒るようでは修行が
足りないのである。
楽しんでこそ!である。

|

« 本格大判デジカメ | トップページ | 大判デジカメ使用の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/51875421

この記事へのトラックバック一覧です: プリズナーNo.6:

« 本格大判デジカメ | トップページ | 大判デジカメ使用の準備 »