« 珊瑚の東洋活性白土2号(PU改良キット編) | トップページ | 珊瑚模型の東洋活性白土2号(ディテール工作) »

2011.06.24

珊瑚模型の東洋活性白土2号(PU改良キット続き)

暑さでサボっていた。

Toyoka1_20110624
 PU101にシリンダとロッドを組み込む

どうという作業でもないのだが、ようやくロッドとシリンダを組み込んだ。
ついでに、床板の固定ネジ(キャブ側)のネジを1.4φにした。

Toyoka2_20110624
 動輪とクロスヘッドのクリアランス

前回のサイドロットとクロスヘッドとのクリアランスがギリギリだったので、
東洋活性白土2号はサイドロットを省略した。
しかし、組み込んだ結果を見ると、「これなら平気なのでは?」という
感じである。
とりあえず、シリンダの幅を左右で+0.5mmするのは止めた。

Toyoka3_20110624
 ロッドが着くと、すごくいい感じ。

シリンダとメインロッドが付くといい感じだ。
シリンダについては、これにカバーをつけなくてはいけない。

さて、次はいよいよ「楽しいディテール工作」だ。

|

« 珊瑚の東洋活性白土2号(PU改良キット編) | トップページ | 珊瑚模型の東洋活性白土2号(ディテール工作) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/52027900

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚模型の東洋活性白土2号(PU改良キット続き):

« 珊瑚の東洋活性白土2号(PU改良キット編) | トップページ | 珊瑚模型の東洋活性白土2号(ディテール工作) »