« IMONの温根湯ボールドウィン(4) | トップページ | IMONの温根湯ボールドウィン(5) »

2011.07.31

ハドソンの14年式の話(2)

ちょっと前にUPしたネタの続編。

元々は「日本軍の拳銃がなぜ海外からは低い評価なのか?」を調べるため
に購入したモデルガンなのだが、ハドソンの14年式(N-1)は40年近く前の
製品で、その時代のスタンダードというか、銃刀法のせいなのか?パーツ
強度も精度も低く、ウチに来た当時はまったく動かなかった。
それを修理して、なんとかストライカーが動作するようになったのだが・・

Sun1_20110731
 ストライカーが折れてきた

さして動作させている訳でもないのだが、今日ふと操作してみるとボルトが
変な位置で止まるようになった。
なぜだろう?とストライカーを抜いてみると、「あ!折れてきた!!」
なるほど、これではストライカーがボルトの中で詰まって動作しなくなる。
まあ、別に放置しても良いのだけれど、せっかくなので、洋白0.5tで補強を
してみた。
まあまあ動作するのだが・・・

結局、またヒビが広がって動きが悪くなってくる。
これはもう、根本的な解決をしなくてはダメなようだ。

Sun4_20110731
 6.0φのパイプでストライカーを作りなおし。

結局、真鍮6.0φのパイプで作りなおす。
t0.8の真鍮板をハンダ付けして補強とそれなりの形にする。
シアーに当たる部分は両側の磨耗するところをt0.5の洋白板を貼り、
突起とパイプの固定部分にはピンを圧入して強度を上げてある。

結果、凄く快調になった。

考えてみると、この製品が出た当時には私はこのモデルガンを購入する
気はまったくなく、遠く40年近くを経て手にしたものを直している。
せっかくここまで形を保っているのだから、きちんと動くよう維持して
やるか。

それにしても・・・・・鉄道模型作れよ!
 =>自分

|

« IMONの温根湯ボールドウィン(4) | トップページ | IMONの温根湯ボールドウィン(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/52356068

この記事へのトラックバック一覧です: ハドソンの14年式の話(2):

« IMONの温根湯ボールドウィン(4) | トップページ | IMONの温根湯ボールドウィン(5) »