« 26年式拳銃 | トップページ | 花巻デハ(5両目)の改造 »

2011.08.13

マルシンのP-08の部品交換

本当は今日は模型工作をする予定であった。
来週末の予定として、ちょっと車両整備も必要なのだ。
しかし、昨日暑い中あれこれとやった結果としてダウンしていた。
このまま、何も書かずにいるのもなんなので、またしてもモデルガンねた
である。

日本におけるモデルガンの販売は、中田商会(アメヨコ、現在も盛業)が
初なのだそうである。
最初は米国からの輸入だったそうだが、日本でも製造するようになった
とのこと。
マルシンさんは、その頃からの老舗である。

日本軍の拳銃の「元になった拳銃」の研究用に、マルシンさんのP-08を
購入した。
'90年代に「ほとんど実物通りの構造」になったP-08が決定版?として
発売になったそうで、なるほど、フィールドストリッピングをしてみると、
うっとりするくらいに実物の構造を再現している。

Sat2_20110813
 シアーが折れた6インチモデルの交換パーツ到着

先に購入した6インチモデル(ネービーモデル)のシアーが折れて
しまっていた。
マルシンさんに電話して聞いたところ、ロッキングブロックごとでパーツ代金
は1,000円とのこと(送料140円)
さっそく、郵便為替(って、まだあるのか)を送ったところ、パーツが到着した。
比較してみると、マガジン側(下側)が金メッキ後に切削した跡がある。
なにかの改良なのだろうか?
オリジナルのものにはこの切削跡はない。

Sat3_20110813
 交換は簡単

実物と違って(注:実物は細かいパーツまでフィッティングして刻印がある)
パーツ交換は簡単である。

さて、装着してみると・・あることに気が付いた。

Sat4_20110813
 エキストラクターが付いていない!

組んでみると、ダミーカートが排莢されない。
なんで?・・・・あれ??
そう、エキストラクターが付いていない。
ロッキングブロック、「組み済」のはずなのだが・・・
元のものからこのパーツを外す。
この部品、装填済だとドイツ語の文字が見えてとってもおしゃれである。
とても「武器とは思えない」優雅さだ。
なるほど、欧米の銃砲マニアが収集したくなる訳だ。

ところで、モデルガンでも「部品を単純に移植するだけでは動作しない」
のである。
キサゲで微妙にバリというかエッジを落として調整をする。
こういう工作を、若者は出来るのだろうか?
ヤスリをかけると、どうしても傷が出来る。
キサゲで微妙にエッジを落とす作業は、鉄道模型でもそうだし、カメラの
整備でもときどきやることなのだが、こういう工作の妙を伝える人は少なく
なっているのではないだろうか?

Sat5_20110813
 なるほど、P-08はなんとも優雅である

ちょっとした調整で組立完了。
結局、ダミーカート装填時には激発しにくいのだが、これは発火式モデルを
そのままダミーカート仕様にしたからであろう。
ムリにトリガーを引くと壊れることも判ったし、カートなしならしっかりと激発する
ので、これはこれで良しとしよう。

それにしても、P-08はこうやって眺めるとなんとも優雅な姿である。
ContaxI型、II型もそうだが、ドイツ人の作る機械は、機構にもその容姿にも、
美学があるものだと感じる(うっとり)

|

« 26年式拳銃 | トップページ | 花巻デハ(5両目)の改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/52465703

この記事へのトラックバック一覧です: マルシンのP-08の部品交換:

« 26年式拳銃 | トップページ | 花巻デハ(5両目)の改造 »