« コンさんのポーターを作る(9)塗装 | トップページ | KATO 5tと温根湯ボールドウィンを一気に完成へ »

2011.10.23

コンさんのポーターを作る(10)組み立て完了

Konporter1_20111023
 ウォームギアにNASAオイルをつける

Konporter2_20111023
 台枠への取り付けは前4mm、後ろ3mmの1.4φネジ

Konporter3_20111023
 ボイラーをキャブにこんな風に挿し込む

組み立ては別にどうということはない。
ウィームギアには、NASAオイルをつけておいた。
これなら、数年はメンテナンスフリーだろう。

Konporter4_20111023
 東洋活性白土2号(珊瑚エッチング板)と乗工社コッペルとの比較

大きさの関係はこんな感じ。
まあ、考えてみると人間の大きさは同じ(笑)なのであるから、ポーターが
小型機とはいえっても、特別小さいこともないのは当然か。

Konporter5_20111023
 一応完成。

まあ、私らしく「メンテを楽にするために一部省略」はしたが、出来上がった姿
はいい感じである。
ここで車重を計測
 ポーター 30g
 コッペル(乗工社) 63g
手に取るとずっしりと重いのに、計測してみると案外軽い。
走行性能はいいので、サイドタンクに補重は止めた。
まあ、必要があればやればいいのだろう。

Konporter6_20111023
 少し筆差しをしてみた。

ちょっと色を入れてみた。
お、いい感じ?
まあ、これからもちょこちょこやってみよう。

私は、軽便の車両は変に国内の実物やスケールに拘らず、こうしたセンスの
良い車両を走行性能良く組んで楽しむのが良いと思う。

こういう製品がどんどん出て来る時代になったのは喜ぶべきことである。

|

« コンさんのポーターを作る(9)塗装 | トップページ | KATO 5tと温根湯ボールドウィンを一気に完成へ »

コメント

素晴らしいです。色挿しが効いていますね。自分はまだ塗装していないので、恥ずかしい限りです。Hさんも塗られましたし、そろそろ塗らないといけませんね。尚、11月後半には、キャブ内スティームドーム交換パーツが出来る予定です。あと、カプラも。

投稿: コン | 2011.10.24 18:19

初めて組むタイプのキットなので、慎重に工作をしましたが、思っていた以上に快調に走りますね。
塗装については、カラフルにしたかったのですが、私はどうも塗装が苦手で(笑)
コンさんの塗ったポーターが見たいですね。
次回のポーターのロッド販売が楽しみです。

投稿: ム | 2011.10.24 20:40

祝!完成\(^o^)/
色差し、イイ感じですね。圧力計は真鍮色+表示面白ですよね・・・参考にさせて頂きます。
メンテナンスですが、車輪押えの爪がゆるくなるので、できるだけ分解しない方が良いです。ゆるくなると、ギアが歯飛びして止まります。歯飛びすると直すが大変です。
ということで、メンテナンスは忘れて、ブレーキ部品も付けましょう!(^-^;

投稿: 浜リン | 2011.10.25 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53062259

この記事へのトラックバック一覧です: コンさんのポーターを作る(10)組み立て完了:

« コンさんのポーターを作る(9)塗装 | トップページ | KATO 5tと温根湯ボールドウィンを一気に完成へ »