« ローバーミニの謎のパーツ(完結編) | トップページ | 草軽風レイアウト(改め電化ナローレイアウト?) »

2011.11.05

草軽デキの本格的テスト

草軽風レイアウトを作るため、本格的なテストを行った。

実は風邪気味で頭痛い、のど痛い、お腹もゴロゴロしてきている。
こういうときに、走行テストをしてトラブルがあるとますます悪化しそうだ。

Kusagarutest1_20111105
 テストに使用する草軽の車両達。

テストする車両の重量をまず計測。
 ・草軽デキ(ワールドのまま)        28g
 ・草軽デキ(モータをアル0813sに交換)  30g
 ・草軽デキ(乗工社)             35g
 ・ホハ(ワールド)               39g
 ・ホハ(乗工社)                52g
ホハの重さが、こんなにも違うのには驚いた。

Kusagarutest2_20111105
 平坦線でのテスト。スイッチバックで駅に入るテストも行う。

ワールド工芸の作りのままのデキ12は、キャブを前にしての牽引において
ホハ(ワールド)を牽くことが出来なかった。
面白いことに、アルモータに交換したデキは楽勝であった。
やはりモータの出力に余裕があることは大事なのだ。

Kusagarutest5_20111105
 当たり前だが、R144のポイントでは脱線する。

TOMIXのR144ポイントではホハの台車がねじれて脱線する。
これは仕方が無い。

Kusagarutest3_20111105
 キットに標準でついてくる金具。デキのカプラーのクリアランスに注目!

キットに付いてくる金具で連結したところ。
なんとかギリギリで大丈夫である。
客車を牽引すると、デキの先台車とカプラーのクリアランスがギリギリである
ことが判る(カーブはR177)。

Kusagarutest4_20111105
 ちょっと長めの金具にする。

短いままだと脱線しそうなので、少し長めの金具にしてみた。

Kusagarutest6_20111105
 勾配線のテストを開始。

平坦線は判ったので、勾配をつけてテストする。
やはり、スイッチバックに見せるためには、ある程度勾配を付けたい!

Kusagarutest7_20111105
 ワールド工芸オリジナルのデキは、まったく登れず。

Kusagarutest8_20111105
 モーター交換したワールドのデキは楽勝で登坂する。

まずは3%勾配のテスト。
平坦線でダメなのだが、勾配になればオリジナル状態のワールド工芸の
デキは坂は登れない。
モーター交換したデキは、ちょっと負担がかかりながらも5Vで平然と登坂する。
乗工社のデキは4Vでホハはワールドでも乗工社(重い方)でも楽勝。
続いて2%勾配のテスト。
乗工社デキは楽勝なのは当たり前で、ワールド工芸のアルモータ版も楽に
登ることを確認した。

他にも、スプリングポイントの通過は、ワールド工芸のデキはダメ、乗工社版は
楽勝(先台車の構造の違い)であることも判った。

さて、この結果を元にPECOの線路を敷設してみよう。

もっとも、その前に風邪をなんとかせんと・・(ああ、朦朧とする)

|

« ローバーミニの謎のパーツ(完結編) | トップページ | 草軽風レイアウト(改め電化ナローレイアウト?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53170383

この記事へのトラックバック一覧です: 草軽デキの本格的テスト:

« ローバーミニの謎のパーツ(完結編) | トップページ | 草軽風レイアウト(改め電化ナローレイアウト?) »