« ケ90 | トップページ | CASCAIIの謎(驚!) »

2011.11.27

26年式拳銃

今年になって、なんとなく「日本の拳銃の構造はどうなっているのだろうか?」
ということに興味を持ち、現物は入手できない(そりゃそうだ)ので、モデルガン
を探して入手していると、タイミングが良かったのか?今まで製品がなかった
ものまで発売になったりする。

国産初の拳銃、26年式などはまさにその典型である。

26nensiki1_20111127
 左上から中田商店の文鎮、頑住吉製、ハートフォードのもの

なにしろ26年式はモデルガンになったものが少ないので、オークションで
見つけるとうっかり購入してしまっていたら、ここまで揃ってしまった。

26nensiki12_20111127
 月刊GUN(復活祈る)2001年4月号の26年式の特集より

ところで、現物は明治26年製(1893年)なので26年式である。
(皇紀の番号を使うようになるのは、昭和も日中戦争くらいから)
それまではS&WのNo.3フレームを海軍が使っているくらいの日本の拳銃の
歴史であったものが、騎兵用として使うとなると、シングルアクションの
銃では困るから?であろうか??ダブルアクション化されることになった。
米国でも、コルトのピースメーカー(1873年)やS&WのNo.3の軍向け改良の
スコフィールド(1875年)がシングルアクション(では、米国の騎兵隊は
困っていなかったのか?という大いなる疑問が??)からダブルアクションに
更新されたのが1892年であるから、時期的にはほぼ同じ時期である。
そういう時代だったのであろうか?
ちなみに、ウェブリー&スコットMK-I(1887年)はいいとして、ヨーロッパでは
自動拳銃がボーチャードピストル(1893年)モーゼルミリタリー(1896年)と
出てくるような時代であった。

26nensiki2_20111127
 中田商店の文鎮モデル。

長年、この文鎮しか製品がなかった。
重量543g(実測)
ちなみに、実物は924gもある。
(南部自動拳銃とほぼ同じ)
こうやってみると、文鎮と呼ばれる割には結構良いプロポーションである。

26nensiki13_20111127
 ようやく可動するモデルが実現した、頑住吉氏製造の26年式。

私は最近まで知らなかったのだが、'90年代に活躍されたモデラーの方
の頑住吉氏の販売した26年式。
重量は222g(実測)

26nensiki3_20111127
 刻印もカッチリと出ており、キャストモデルとしてはかなり良い出来

26nensiki4_20111127
 後ろから見た姿。プロポーションも良い。

26nensiki5_20111127
 シリンダーのカウンターボアードもしっかりと表現

26nensiki6_20111127
 実物の工具なしで分解出来る機構を表現しているのはさすが!

このモデルを入手するまでは、正直言ってキャストモデルは・・・と思っていたが
現物を手にすると、重さは仕方が無いとして、出来については「よくぞここまで
と感心した。

さて、いよいよハートフォードの26年式である。

26nensiki14_20111127
 94年式でおなじみの箱

26nensiki7_20111127
 満を持して発売?になっただけに、さすがのカッチリ感

26nensiki8_20111127
 ハンマー、ストッパーを金属にして、実物とほぼ同じ構造

26nensiki9_20111127
 もちろん、シリンダーのカウンターボアードもしっかりと表現

26nensiki10_20111127
 ちなみに、ウェブリー(マルシン)などは実物でもリムの掘り込みはして
 いない(工作力のない日本がなぜそのような面倒なことを?)

26nensiki11_20111127
 松葉バネを使った「まさに実物通り」の機構をついに実現

さすがはハートフォードというところで、金属パーツを適宜使用して、まさに
実物通りの構造を実現している。
重量感もあり、527g(実測)である。
シリンダーは実物通りにクルクル回ってしまう(笑)のもリアルに表現し、
工具なしに分解できる機構もカッチリと作動する。
グリップ(プラ製)を外すときに、松葉バネがビ~ンと外れてしまうのがちょっと
驚くが、なにかが壊れることはない。

それにしても、21世紀のモデルガンはかっちりしたものだ、と感心する。

|

« ケ90 | トップページ | CASCAIIの謎(驚!) »

コメント

26年式拳銃で検索してやってきました。
中田、頑住吉さん、ハートフォードと揃えられて
うらやましいです。六研製もいつかは狙ってみてください。

この拳銃のルーツを探して記事を書いてみました。
よかったら下記を見てください。

http://yonyon.dum.jp/collection/rev/type26/index.html

投稿: maimai | 2012.01.25 01:37

maimaiさん、はじめまして
月刊GUN(2011.4)の26年式の記事、そしてJapanese Military Cartridge Handguns 1893-1945 にも、S&WのNo.3フレームの話とフランスの拳銃の機構を模倣した・・という話(すいません、後者の本はそこまで読み込んでいません(涙))が出てきますが、maimaiさんの実物写真との比較を見ると、そのことが裏付けられますね。
大変興味深いです、ありがとうございました。

投稿: ム | 2012.01.25 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53347560

この記事へのトラックバック一覧です: 26年式拳銃:

« ケ90 | トップページ | CASCAIIの謎(驚!) »