« ターンテーブル(3) | トップページ | 草軽風レイアウトのプラン »

2011.12.24

ターンテーブル(4)

前回の経験を元に改良をする。

Turnta3_20111224
 さらにウォームギアで減速する。

2:16+14:90の減速(1:51.4)ではまだ回転が早すぎるので、さらに減速を
する。
エンドウ2:16をさらに1組加えて(1:411.4)減速する。
構造的にはどうということもない。

Turnta1_20111224
 スイッチの機構を改良する。レバーは新規に起こす。

Turnta2_20111224
 組み立てるとこういう感じになる。

スイッチのレバーは外付け構造にして、新規に作成した。
スイッチ部分を直接ギア側のカムと直線になる位置にしてある。
このスイッチは、調べてみると0.7mmくらい沈むと動作する。
そこまで判れば、直線になった位置で押すようになれば調整も楽だ。

Turnta4_20111224
 上から見るとこんな感じ。

ギア側のカムに触れる部分の形状が重要であることも判った。
結果、三角波のような形(表現が難しい、単純な三角形ではない)に
して、そろ~り、そろ~りと来て、突然ガチっとスイッチが入るようにする
のがコツである。
台座が微妙に調整可能にしてあるので、位置を確認しつつスイッチの
動作を確認する。

Turnta5_20111224
 動作確認はok!

ちょっと調整してみて確認すると、しっかりとストップするようになった。
これで、とりあえずの課題は解決か?

今回、ターンテーブルの機構を作ったのは「将来レイアウトを作るときの
台枠の高さを決める」ためである。
これで、動力部だけで22mmの高さがある。
ということは、ピットの深さを加えると30mmは必要であることが判った。

Turnta6_20111224
 ターンテーブル上部、ここからがさらに大変?

動力部はどうにかなったので、次はピット部である。
ここでちょっと一休みして、レイアウト本体にかかるか?

|

« ターンテーブル(3) | トップページ | 草軽風レイアウトのプラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53558232

この記事へのトラックバック一覧です: ターンテーブル(4):

« ターンテーブル(3) | トップページ | 草軽風レイアウトのプラン »