« ターンテーブル(2) | トップページ | ターンテーブル(4) »

2011.12.20

ターンテーブル(3)

今日は午前中に用事があり、午後は家にいることになったので、懸案の
ターンテーブルの続きをやることにした。

Turnt1_20111220
 結論は「ターンテーブル、かなり手ごわい」

モーターを取り付け、60度角度で止めるためのスイッチも付けた。
回すだけなら簡単なのである。
そう、止めるのが大変なのだ。

結論からいうと「まだ説明するほどちゃんど動作していない」のである。
ああ、疲れた。

Turnt2_20111220
 スイッチ部。そのまま使ったのがダメ?

現段階のこのターンテーブル、問題点は以下のものである。
(1)回転がまだ早い。
  現在、2:16のウォーム+14:90の平ギアで減速しているが、動かして
  みると「まだぜんぜん早い」のである。
(2)スイッチがしっかりと利かない。
  回転が速いので慣性で回ってしまったり、スイッチがしっかりと切れない。
  スイッチのアームをそのまま使うのはどうもダメなようだ。
  ひょっとすると、スイッチで止めるだけではやはりダメで、ストッパーを
  入れないとダメかもしれない。

Turnt4_20111220
 ということで、こんなものを作り始めた。

これらのことに気が付いたところで今日はグッタリ。
日を空けると、いい考えが出るかもしれない。

ということで、このようなものを作り始めた。
さて、どうなるか?

|

« ターンテーブル(2) | トップページ | ターンテーブル(4) »

コメント

とってもメカニカル。動きそうですが、止まらないのですか。
当鉄も90%ぐらいしかきちんと止まりません。
ロコぐらいの値段で日本型のをどこか出してくれませんかねえ。こんなところで苦労したくない、と言うのが本音ですが、結局そのままレイアウトの進捗がありません。

投稿: 美男(備南鉄道) | 2011.12.20 22:25

私は完全自作はあきらめて、フライッシュマンとウォルサーのターンテーブルストックしてあります。フライッシュマンはHO用小型、ウォルサーはN用130' です。もちろん後者は16番用に改造予定です。
http://www.walthers.com/exec/page/turntables
私の持っているのは以前の非DCC仕様です

投稿: ゆうえん・こうじ | 2011.12.21 22:39

私はこういうカラクリを作るのが好きなのと、軽便用に小型のタイプを作りたいのでトライしてみました。
2012年は、案外こういうカラクリものに燃えるかもしれません。

投稿: ム | 2011.12.22 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53529698

この記事へのトラックバック一覧です: ターンテーブル(3):

« ターンテーブル(2) | トップページ | ターンテーブル(4) »