« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

2011年4月10日 - 2011年4月16日

2011.04.13

大判デジタルカメラを試みる

ちょっと前に、古いレンズを修理した。
大判用の古いレンズである。
整備したのにはもちろん意味があった。

ある方に「こんなものがあるのですよ」と見せてもらったのだが、なんでも、米国では
フラットベットスキャナを改造して、大版カメラの撮影をしているというのである。
う~む、これは面白い!
そう思うと、すぐに・・・と言いたかったのだが、名鉄ミュージックホーンで1週間ほど
時間が開いた。

Odigital1_20110413
 素材は某社の古いスキャナ。

Odigital2_20110413
 ライト部分、レンズ部分を撤去する。もちろん「自己責任」である。

USBのバスパワーを使えるタイプを使用する。
ここでしつこく書いておく。
製品を改造して使うことは「自己責任」である。
このブログを読んでマネしたとしても、それは読んだ人の自己責任である。
メーカーも私も責任を負わないし、質問も受け付けない。
保障なんて、もちろんありえないことを理解するように!

改造はあっさりと終わった。
大変かと思っていたが、30分くらいで終わってしまった。

Odigital7_20110413
 スキャナの上にSuper-Komura45F4.5を置いて撮影。絞り解放。


テスト撮影は「お!良いではないか」という感じであった。
よし、次はカメラだ!

Odigital3_20110413
 ダンボールで2時間。

ダンボール箱をもらってきて、2時間かかってカメラを作成。
被り物にピントグラスの板もダンボール。
気合一発で作ったのだが、ピントはスキャナ/ピントグラスも一発でok!
なんという素晴らしさ!

Odigital4_20110413
 撮影風景。

さっそく、人形を置いて撮影してみる。
こういうところは、デジタルでも銀塩でもあまり変わらない。

Odigital6_20110413
 CONGO210F4.5 F=1:6.3

なにせダンボールカメラであり、スキャナも密着していないので光線漏れして
いるが、結構いい像を結んでいる。
これはいいなぁ。

ということで、きちんとした大判カメラの激安品を物色してみるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »