« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

2011年12月25日 - 2011年12月31日

2011.12.31

2011年の鉄道模型を振り返る

大晦日である。
雲は多いが快晴。
元旦が曇り?という話もあり、初日の出をあきらめてとことん寝るか思案中。

さて、2011年を振り返る。

Oomisoka1_20111231
 レイアウトのアクセサリー類の製作も開始

2011年はレイアウトの年!と思ったが、なかなかそうならずに来ていたが
年末になってようやくターンテーブルの動力部を作成した。
その作業の過程で、以前作成しておいたトラバーサの動力部(の一部)を
発見した。
来年はいよいよレイアウト製作に燃えよう!(またか?と言われそうだが)
ついでに、跳ね上げ橋、踏切やポイント、信号もなんとかしたい。

そういえば、今年は第三世代(と勝手に呼んでいる)DCCのフィードバック
機能を使って・・などと思ったが、結局、ESU、Lenz、Digitraxなどの選択
してなにかやってみようという試みは、機種選定すらできなかった。
この「コントロール方法」については、翌年に持ち越しである。

Oomisoka2_20111231
 長年未着工だったもの2件を完成させた

コンさんのPU101改良キットを入手して「さて、何に使うか?」と思案した
結果、前オーナーが入手してからを入れると40年近く未完成であったで
あろう珊瑚模型の東洋活性白土の協三BタンクをPU101を使って完成!
さらにその勢いで、え?これのキットあったの??という乗工社の雨宮
5t機も完成!
長年組みもしないで放置していたものが完成するのはうれしい。

Oomisoka3_20111231
 草軽ファミリー一気に充実

今年こそやるぞ!ということで、草軽の車両を充実。
各種走行テストの結果、乗工社のデキが調子が良いことが判り、
キットを1両(まだ組立中)と委託品で完成品を1台の3台体制になった。
客車もホハ30を2両完成!
ホトは残念ながら年内入手出来ず。
来年はレイアウトに併せて車両もなんとかしなくては、と思う。

ちなみに、花巻デハも1両増えた。
電化ナローについては、本年末にワールド工芸から下電モハ52も
出て、来年ますます面白いことになりそうだ。
車両だけでなく、”走らせる場所”についても考えていきたい。

Oomisoka4_20111231
 IMONのキット2種も完成

温根湯のボールドウィン、加藤5tも完成。
元乗工社のキットなので組み・・・(自粛)
これらのキット、2両とも部品欠品があったり、ボールドウィンは「こんな
六角ピン、専用ドライバーなしで締められるかよ!(怒)」となりつつも、
なんとか克服した。
”自分をほめてやりたい”と思うキットであった。

Oomisoka5_20111231
 コンさんのキットは初めて

祭りで購入したコンさんのポーターも組んだ。
コンさんのキットは初めてなので結構慎重に組むことになった。

コンさんのキットは、今後、ダージリンタンク、ドコービルも予定されて
いるそうで、ますます楽しみだ。

Oomisoka7_20111231
 なぜか完成しないで終わる車両達

塗装も済んで、あとちょっと・・・なのに手が止まっている車両達。
シェイ2両はモーター交換なのだが、以前にも何度もやっているのだから
どうということもないのに手が止まっている(なぜだろう?)
沼尻DC12(珊瑚の2代目)はDCでは完成しているが、サウンドを載せる
のがなんとなく面倒で手が止まった。

Oomisoka6_20111231
 完成品購入の車両達

杉山模型さんのダージリンタンクはうれしさのあまり2両購入。
珊瑚の井笠ホハは完成品なのに「あれ?色違うじゃん」が楽しい。

Oomisoka8_20111231
 草軽風レイアウト着工!

草軽風レイアウト(電化ナロー)もようやく着工出来た。
模型車両の走行性能に制約があるので、線路配置を決めるのが
大変であった。

電化ナローについては、ウチではもう一方の勢力(実はこちらの方が
多い)の花巻のレイアウト(超小型は既にあるが)もなんとかしたい。
また、非電化軽便のレイアウト(900X600)もなんとかしたい。

さて、他にもこんなことをしていた(遠い目)
 ・Oナローレイアウト(3月に中断を決定)
 ・名鉄7000系、8800系をDCC/サウンド化
 ・蒸気機関車多数サウンド化
 ・D50(宮沢x2、天賞堂x1)の吊掛/モーター交換
 ・モデルMIKIの小田急SE車の動力交換
 ・吊掛モータ(アル0811)再び実用化テスト

こうやってみると、結構模型関係にことをやっていたな(さらに遠い目)

来年も良い年になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.30

草軽風レイアウト(レール敷設)

2011年もあと2日。
大晦日に紅白歌合戦を見ながら運転し、行く歳来る歳を車両を走らせて
迎えられるか?が勝負である。
(それほどのことか?)

Layoutkusag1_20111230
 勾配のある軽便鉄道のレイアウトは初めてである。

今日も正午からじっくりと線路設置を行った。
なにしろ、そうでなくても軽便の車両は微妙なのに、大きく微妙な草軽デキ
なので線路設置にはかなり気を使った。
スイッチバック風の方が3%、その先の下りが2%の勾配。
線路設置はかなり気を使った。

Layoutkusag2_20111230
 真上からみるとこんな感じ

俯瞰してみるとこういう線路配置である。
線路配置そのものは平凡か?

Layoutkusag3_20111230
 これだけの高低差があるのがこのレイアウトの売り。

草軽風レイアウトとしては、このような高低差を楽しめることが重要である。
と書きながら「ひょっとしてダージリンタンクも使えるか?」などと思ったり
する。

さて、いよいよ明日で2011年は終わりだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.12.29

草軽風レイアウト(路盤工事続き)

Thu2_20111229
 エンドレスの路盤はどうにか工事完了。

1日模型工作に・・・と思っても、実際はなんだかんだと雑用があって、
なかなかそうもいかない。

とりあえず、エンドレス部の路盤は出来た。
年内に線路敷設は完了出来るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

草軽風レイアウト(路盤工事開始)

今日からレイアウトに線路敷設をするための工事?を開始。

Layoutku1_20111228
 カーブの路盤をケガキするためのテンプレートを作る。

カーブの路盤を切り出すためのテンプレートを作る。
これがあると楽である。
今回のレイアウトは、草軽デキがカーブ通過をR180くらいにしないと厳しいので
今までのレイアウトのようにR150用が使えないので全部起こした。
といいつつ、なぜかR150も作り直した。
(林鉄用は幅が狭いので)

Layoutku2_20111228
 地味にカッターナイフで切り出す。

地味な作業である。
このところやっていなかったので、手首と親指に負担を感じる。
なまっている証拠だ。
来年はココロを入れ替えてレイアウト工作に燃えよう(ほんとか?)

Layoutku3_20111228
 路盤の設置位置や勾配を慎重に確認しつつの作業。

今回のレイアウトは勾配がある(3%)ことに加えて、走行性能が?な
草軽デキであること、架線を張ることもあるので、路盤の設置も結構手間で
ある。
今日は年末年始の買出しやら松飾りを付けるやら・・・で時間を取られたり
うっかり2時間ほど昼寝してしまったり・・・でここまでで今日は終わり。

Layoutku4_20111228
 ついでに路盤を作っておいた。

そういえば?と思い出したので、R150用の路盤はこの修羅のレイアウトで
使おうと切り出しておいた。
こちらもなんとかしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.25

草軽風レイアウトのプラン

「坂の上の雲」を見ながら、しみじみとレイアウトの最終プランを決める。
(それにしても、さすがはNHK!今期の4話はドラマの範疇を越えているな)

Layoutk1_20111225
 現物を眺めていると、自分的にいいプランが出てくるものだ。

最初は単純に中央に駅があるプランであった。
しかし、それだとどうも「それって草軽?」という疑問が自分的に出来ない
でいた。
理由は単純で「なんとかスイッチバックを入れたい」である。
しかし、本線中にスイッチバックを入れると、運転しているときに面倒だ。
DCCによる自動運転・・・なども考えたが、面倒なことにあまり差がない。
(ちゃんと動作するか?を含めて)
第三世代(と私は勝手に呼んでいる)RailComを使えるESUにしても
LenzのLZV100/200にしても、どれを買ってどう使うか?も不明な現状で
それを期待してレイアウトを作るのは厳しい。

などと思いつつ、実際の台枠を眺めていてプランを思いついた。

Layoutk2_20111225
 手前にスイッチバックを入れるプランを思いついた

台枠に線路の線を引いていて気が付いた。
手前にスイッチバック(駅風?)が出来るスペースがある。
スイッチバックを堪能するときは、目線をグッと落としてここで運転を堪能し
通常は普通にエンドレスを回す。

Layoutk3_20111225
 目線を落とすとこんな感じに見える。勾配3%。

線路を置いて目線を水平位置に持ってくるとこんな感じになる。
実際には本線は5mm、手前の線路は10mmの落差があると、結構な
高低差が実感できる。

さて、いよいよ路盤を付け、線路を敷設しよう。
そうそう「架線柱と架線」を忘れないように!=>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »