« 大判デジカメの違う方法を試みる(1) | トップページ | ダージリン風レイアウト(2) »

2012.01.24

大判デジカメの違う方法を試みる(2)

1晩経って、1日あれこれと考えた。
(仕事しろって=>自分)

帰宅して、また大判デジカメのテストである。

Oobantestk_20120124
 間接撮影式(と勝手に銘銘)の像を結ぶ部分を変えてみる

考えた結果「トレッシングペーパーがダメ」ということは判った。
では、何を使えばいいのか?
考えに考えた末に「そうだ!ピントグラスだ!!」
ダンボールカメラのときに使ったピントグラス(4X5)をスキャナのガラス部分
に貼った。

さて、また部屋を明るくして撮影。

Oobantestks6_20120124
 さて、結果(絞り6)

Oobantestks12_20120124
 結果(絞り12)

Oobantestks96_20120124
 結果(絞り96)

おお!感度低下もなくちゃんと写っている!
実はちょっとピンボケなのだが、なかなかいい感じである。
う~ん、これは見込みがあるぞ!

教訓は「間接撮影式はピントグラスを使え!」である。
しかし、大きなものはガラスをカットしてもらわんといかんなぁ・・・

さて、せっかく照明を用意してあるので、恒例(なのか?)のカラー撮影
である。

Colortestr_s_20120124
 RGBのR

Colortestg_s_20120124
 RGBのG

Colortestb_s_20120124
 RGBのB

実は照明を明るくして撮影したところ、1絞り入れないと白飛びすること
が判明し、1段絞り(12)にしてある。

さて、透過率を調整して1度.jpgで保存。
それを開いて自動レベル補正をかけると・・・・・

Colortestall_t_20120124
 やった!カラー撮影成功!!

これは凄い!
ちゃんとしたカラー画像だ!
20世紀初頭に作られた巨大ブラスレンズによる「大判でのカラー撮影」
である。

ああ、今日は両方とも成功だった。
これはいよいよ運がついてきたか!

|

« 大判デジカメの違う方法を試みる(1) | トップページ | ダージリン風レイアウト(2) »

コメント

最後の一枚は素人でもすごいと思います。
今はコンデジだけですので、被写体深度をカバーする写真が撮れません。だからって、プータロウですので、投資は出来ないし、ムさんのような技量はないし。昔のピンホールカメラを引っ張り出す元気もないです。でも、機関車だけは作っています。

投稿: 美男(備南鉄道) | 2012.01.25 22:13

中区でスキャナーカメラ、ワークショツプ開いた堀江と申します。カラー発色おめでとう、スキャナー表面のスリガラスは横浜にフイルムシートが有ります。柳沢先生にはご連絡しました。もし詳しい事は上記メールくだされば詳細を(切れ端の現物資料)郵送で送ります。
☆現在私もカラーの発色に悩んでいます、今晩徹夜でパソコンとの戦いですが結果ナシ。今後ご指導お願申し上げます。5月7日に横浜市中区スキャナーカメラ風景の
撮影ワークショツプを開きます、資料をお送りさせて頂きとう御座いますので返信メールの時住所記入お願いします。
   ∝∝∝ ご返信お待ちしてます ∝∝∝

  郵便 244-0004
     横浜市戸塚区小雀町 2138
     堀江 忠男
     電話 045-851-3299
     t.horie@do3.enjoy.ne.jp


投稿: 堀江 忠男 | 2012.01.26 05:06

まあ、カラー撮影が一応の成功を見てホッとしてます。
スリガラスを使うのはいくつか気が付いた点があるからなのですが、それはこれから検証していくのかな?と思っています。
ガラス自体は高価なものではない(はず)なので、見積もりを取ってみようかと。

投稿: ム | 2012.01.26 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53815479

この記事へのトラックバック一覧です: 大判デジカメの違う方法を試みる(2):

« 大判デジカメの違う方法を試みる(1) | トップページ | ダージリン風レイアウト(2) »