« あれこれと | トップページ | バレルレンズによるカラー撮影 »

2012.01.15

バレルレンズ

真鍮色のにくいヤツ・・・・そう、バレルレンズである。
大判デジカメを作り始めてから「いつかは買いたい」と思っていたものだ。
それが、こんなにデカイ!のが来るとうれしくなる。

Sun1_20120115_2
 レンズはゲルツである。それにしても立派な大きさだ。

このレンズ、重さを量るとなんと!1598g(レンズボード込み)である。
Congo210F4.5が476gであることを思うと、猛烈に重い。

Sun2_20120115
 ベランダで撮影

ベランダで撮影してみる。
なるほど、やはりIR/UVフィルタがないとダメなようである。

Sun3_20120115
 IR/UVフィルタ対応をする。

Sun4_20120115
 裏側はこういう風になっていて、前からはめ込む。

野外で撮影するとなると、IR/UVフィルタを装着しなくてはいけない。
この巨大レンズなので、専用の枠をベニヤ板と角材で作る。

Sun5_20120115
 久々の野外での大判デジカメの撮影

久々の撮影である。
今日はこの明るいバレルレンズ向きに曇天だ。

Go_ss06_20120115
 ND8を使用、絞り開放(値6)

Go_ss96_20120115
 ND8を使用、絞り96

IR/UVフィルタなしの状態。
なるほど、こういう風に写るのか。

Go_ssir06_20120115
 ND8+IR/UVフィルタ、絞り開放(6)

Go_ssir96_20120115
 ND8+IR/UVフィルタ、絞り96

IR/UVフィルタを付けるとコントラストが付き、黒っぽくなる。

このレンズ、やはり室内でポートレートをするのが向いているのか?
なんにしても、久々の大判撮影でコツをすっかり忘れてしまった。
もうちょっと練習しないとダメなようだ。

|

« あれこれと | トップページ | バレルレンズによるカラー撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53743760

この記事へのトラックバック一覧です: バレルレンズ:

« あれこれと | トップページ | バレルレンズによるカラー撮影 »