« ターンテーブル、まだまだ! | トップページ | 大判デジカメの違う方法を試みる(1) »

2012.01.22

ダージリン風レイアウト(1)

ターンテーブル、遠い道のりだなぁ(遠い目)

これにはまっていると、なんにも進捗しない予感。
気分転換のため、もうひとつのやってみたいことをやる。

Layoutd1_20120122
 それは「杉山模型製蒸気機関車の走る場所」の作成

ウチには、14tクライマックス、ガーラット、そしてダージリンタンクがある。
これらが「それらしく走る場所」が欲しかったのだ。
ダージリンタンクが混じっているので「やはりその風景」をやろう、という
ことになった。
あれこれと考えた結果、やはりループ線を入れることにした。
カーブはR120(最急カーブ)で8%の勾配を登る。

Layoutd2_20120122
 大きさは600X380

大きさはある程度の大きさにしつつ、スペースは小さく取りたい。
妥協点としてこの大きさになった。

Layoutd3_20120122
 さて、8%勾配のテスト結果は?

ループ線の線路設置を行い、各車両の登坂テストを行った。
結果は以下の通り。
 ・ダージリンタンク : 楽勝
 ・ガーラット : かなり苦しく登る
 ・14tクライマックス : 登らない・・(涙)
14tクライマックスは、なにしろ片方の台車しか駆動していない。
考えてみると当たり前か(遠い目)

まあ、このレイアウトも、なんだかんだと考えることが多そうだ(凄く遠い目)

|

« ターンテーブル、まだまだ! | トップページ | 大判デジカメの違う方法を試みる(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/53798435

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリン風レイアウト(1):

« ターンテーブル、まだまだ! | トップページ | 大判デジカメの違う方法を試みる(1) »