« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(1) | トップページ | KODAK EKTRAのオプション »

2012.05.31

KATOのEF510

話題のKATOのEF510を購入した。

先月と今月のRMでこのEF510の件についてKATOさんの社長さんと開発を
行った担当さんの話が出ていた。
実は、KATOの社長さん、私の大学時代の同じ学部のクラスメートなので
ある。
もっとも、何回か会話しただけで、鉄道模型の話はしたことはないのだが。

Thu3_20120531
 とりあえず赤色の車両を購入。

まずは赤を購入。
車重は696gである。
動輪は、前輪にゴムタイヤが来ている。

Thu4_20120531_2
 そして、もちろん「牽引力テスト(通常:いじめ)」の実施

走らせてみると、12Vにしてもスピードはマイルドというか、あまり早くない。
それで思ったのだが「これはひょっとしてR370のユニトラックスで運転した
ときに、早すぎないようにという気配りではないか?」である。
やるな、KATO!

Thu2_20120531
 2%勾配で7両(2800g)を牽引はさすがだ。

もちろん、牽引力を測定を行った(レイアウト一周、2%勾配)。
 4両(1600g) 12V/0.1A
 6両(2400g) 14V/0.2A
 7両(2800g) 14V/0.2A
 8両(3200g) 平坦線はokだが勾配は登れず
性能的には立派である。

Thu5_20120531
 しかし、問題が発生・・・

ほとんどの状況においていい感じなのだが、テストを行っていて問題点が
判った。
このEF510、「なんにもないところで脱線する」のである。
牽引力測定(というか空車でも)において、
 ・なんということもない駅ホームの直線
 ・緩いカーブ
でなぜか脱線するのである。

う~ん、判らん・・・・
線路にはまったく異常はない。
KATOさんのDD51やDE10は、もちろんこんなところで脱線したことはない。
新動力装置の欠陥?
う~ん、そういう風に思いたくないものだ。

とりあえず、幽霊テストのときにでも、詳細に調査してみよう。
(注:筆者は老眼のため、暗くなるとどうも・・)

|

« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(1) | トップページ | KODAK EKTRAのオプション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/54845086

この記事へのトラックバック一覧です: KATOのEF510:

« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(1) | トップページ | KODAK EKTRAのオプション »