« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(2) | トップページ | 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(4) »

2012.06.04

古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(3)

車両整備ばっかりで、ちっとも本題に近づかないような?

さて、昨日疲れて(というか、酒を呑みたくなっただけ?)作業途中だった
トビーの6200の続きである。

Egeresu61_20120604
 ボイラー内右の小さいのがオリジナルのウェイト、さすがにこれでは・・

トビーの6200、機関車側にほとんどウェイトが入っていない。
画像のボイラーキャブ側の小さいのがそれなのだが、「これっぽっちか!(怒)」
という量である。
吊掛モーター化してこの極小ウェウトは使えないので、前よりにフレキシブル
ウェイトを巻いたものを足して、少しでも重くした。

これで重量はこんな感じになった。
          改造前 => 改造後
機関車部    153g      165g
テンダー    115g(65g)    78g

Egeresu63_20120604
 ドローバーを取り付け

Egeresu62_20120604
 さっそく試走させると盛大にショートする。

ドローバー(昨日作成しておいた5500と同じもの)を付け、試走させると盛大に
ショートする。
調べてみると・・・・
 ・メインロッドとサイドロットの取り付けが逆
 ・先台車の車輪の極性が逆(う~ん)
 ・絶縁側動輪のタイヤにメインロッドが当たっている
という悲しさ。

Egeresu64_20120604
 メインロッドを削って透明プラ片を接着して絶縁

こういうことはよくあることだ。
昔組んだロコで同じことがあった。
メインロッドの動輪タイヤに触る部分を削って、そこに透明プラ片を接着する。
これで大丈夫だ。

Egeresu65_20120604
 10年以上放置していた2両が復活!!

考えてみると、10年以上も放置していた機関車が復活!
これで、さらに古典客車にも走行のチャンスが生まれた訳だ!
DCCサウンドなどにすると、さらに国鉄型とのサウンドの違いが堪能出来る!

って、幽霊のテストはどうした? => 自分

|

« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(2) | トップページ | 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/54878086

この記事へのトラックバック一覧です: 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(3):

« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(2) | トップページ | 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(4) »