« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(3) | トップページ | ギア比変更 »

2012.06.06

古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(4)

さて、ようやく走行テストである(ああ、時間かかった)

Wed2_20120606
 5500、6200、そして吊掛モータ車と鉛貨車

さあ、いよいよ走行テストである。
整備なった機関車が2両、そして幽霊(吊掛モーター車)、牽引力測定用の
鉛貨車である。

Wed3_20120606
 まずは機関車だけによる牽引力測定!

計測して判ったのだが、5500も6200もIMONの小型モーターの調子の良さの
おかげか、牽引力はほぼ同じである。
 空車(機関車のみ) 12V/0.01A
 +100g(鉛貨車)  12V/0.01A
 +200g(鉛貨車)  12V/0.01A
 +300g(鉛貨車)  平坦12V/0.01A 勾配(2%) 15V/0.01A

さすがに、+300gは厳しい。
さあ!今こそ幽霊投入である!!

ちなみに、幽霊は9:30のギア比のモーターが2軸、自重は136gである。

Wed4_20120606
 幽霊(吊掛モーター車、136g)を連結しての走行テスト

続いては、自重136gの吊掛モーター車両を追加しての走行テストである。
 +300g+幽霊 10V/0.2A 空転音あり
 +400g+幽霊 10V/0.2A 空転音あり
 +500g+幽霊 11V/0.2A 勾配(2%)時15V 空転音少しあり
 +800g+幽霊 11V/0.2A 勾配で止まる(空転音あり)

テストの結果としては、幽霊を入れることでx2.5倍の牽引力になっている。
ただし、幽霊側のスピードがやや速く、速度調整(モーター直列?)を
試した方が良いようだ。

まあ、継続して試行は行うが、これで古典蒸気にも勾配のあるレイアウト
での活動範囲を広げるチャンスが出来たようだ。

|

« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(3) | トップページ | ギア比変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/54896327

この記事へのトラックバック一覧です: 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(4):

« 古典蒸気+幽霊(吊掛モーター)の効果を検証する(3) | トップページ | ギア比変更 »