« 大判デジカメの間接方式(1) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(1) »

2012.07.08

大判デジカメの間接方式(2)

動作確認は出来たので、いよいよデイライトによる撮影である。

Oobankansetu1_20120708
 一番問題であったキャリブレーションは無事動作することを確認。

LiDE70を直接方式にしたときには、通常の日照ではキャリブレーションが正常に
行われなかった。
さて、間接式ではどうか?
結果的には、あっさりと問題なく動作。
曇天時でもOKなので、悩みは解消。

Oobankansetu2_20120708
 Congo210F4.5 F=1:16 

Oobankansetu3_20120708
 Congo210F4.5 F=1:16 IR/UVカットフィルタ

室外での撮影。
なかなかいい画像である。
直接式の場合に発生するスジが飛ぶ現象もない。

意外だったのは、室外でIR/UVフィルタがなくても、それなりの画像であること。
ピント面がスリガラスなので、ガラス1枚でIR/UVが多少反射しているのかも
しれない。

大判デジカメの操作や注意事項について、HPにUPを開始した。
http://mitaka.or.tl/choco_kun/

しつこいようであるが、実践する人は「自己責任」において行うこと!

|

« 大判デジカメの間接方式(1) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/55147982

この記事へのトラックバック一覧です: 大判デジカメの間接方式(2):

« 大判デジカメの間接方式(1) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(1) »