« ロンビックイコライザ(3) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(3) »

2012.07.21

思川鉄道のプランを検証してみる

昨日から涼しい。
風邪はようやく治りつつあるが、まだ本調子という感じでもない。

それはともかく、いよいよ祖師谷軽便鉄道のプランを元にした線路の
敷設を開始する。

となると、なぜか「思川鉄道のプランを確認しておこう」という気になる。

Omokawa2_20120721
 やはり微妙な線路配置なので、実地にポイントを置いて確認

TMS('80年4月号)の図を見ただけでは、勾配の具合や交差部分の
高さがはっきりしない。
ポイントを置いて、微妙な線路配置を確認する。
カーブはほとんどがR150、一部にR180とR200があることが判った。

Omokawa1_20120721
 実寸を元に、おおざっぱな図を描くとこうなる。

実寸図を元に、TMSにある「5%勾配」という情報を元に、線路交差部が
どのくらいの高さになるのか?を計算した。
できるだけムリがない勾配の付け方で、寸法を出すと交差部は39mmに
なることが判った。

う~ん、39mmはちょっと厳しい。
線路の高さをさらに引くと、35mmくらいしかない。
ダックスはもちろんムリ、珊瑚のDC12もダメである。

とはいえ、線路プランを書いてみると、運転は結構楽しそうである。
私だったら、もっと線路を積極的に見えるようにするのだが・・どうか?

ということで、検証は終わったので、やはり祖師谷軽便鉄道のプランで
いこう。

|

« ロンビックイコライザ(3) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/55249121

この記事へのトラックバック一覧です: 思川鉄道のプランを検証してみる:

« ロンビックイコライザ(3) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(3) »