« 杉山模型のダンカーク | トップページ | ピノチオの東急5000系(1) »

2012.08.24

天賞堂C11(角ドーム)

タイトルの通りで、天プラのC11(角ドーム)を受け取った。

Tc111_20120824
 3両(1200g)は2%勾配(一部3%)をあとちょっとで登りきらず(惜しい!)

Tc112_20120824
 2両+1/4両=900g は勾配も登り、途中引出しもok

私のことであるから、すぐに牽引力計測(通称”いじめ”)を行った。
結果は以下の通り。
 空車             9V/0.01A   当然登坂もok
 2両(800g)         10V/0.01A  登坂ok
 2両+1/2両(1000g)  12V/0.05A  登坂ダメ 
 3両(1200g)        16V/0.05A  登坂ダメ
電圧をかけてスピードをつけて勢いで・・・と思うのだが、あと一歩の
ところで登りきることが出来なかった。
けっこう良いところまで行くのだが・・・

ちなみに、このC11はゴムタイヤはなく、自重は299gである。
前に計測したトラムウェイのDD16も同様にゴムタイヤなしで226g
(ただし、こちらは4軸であるが)と比較して、ほぼドッコイである。
もうちょっと牽引出来るか?と計測してみると・・
 2両+1/4両(1000g)  12V/0.05A 登坂okで途中引出し可

意外に牽引力がある。
C型でこの性能、動輪のタイヤの材質が良いのだろうか?

|

« 杉山模型のダンカーク | トップページ | ピノチオの東急5000系(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/55499445

この記事へのトラックバック一覧です: 天賞堂C11(角ドーム):

« 杉山模型のダンカーク | トップページ | ピノチオの東急5000系(1) »