« 軽便用ターンテーブルを試みる(1) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(4) »

2012.08.11

軽便用ターンテーブルを試みる(2)

お盆である。
しかし、私の会社には「改まってお盆休み」はない。
自主的に休むのである。
数年前までは、お盆休み=自分の自由な連続の時間、であった。
しかし、父の逝去の後、お盆には結構用事がある。
時間が思うようにならないところがある。

しかし、そんなことに甘えていてはいかん!=>自分
ということで、今日は”回転のインターバルを長くする”ことを試みることにした。

Sat2_20120811
 2組のギアを使うとこうなる。

最初に作成したものは、ギアヘッドモータの減速に頼って、ベベルギアに
回転を伝えて多少回転を落としている。
これでもそれなりなのだが、もうちょっと遅くしないと、止められないかも
しれないし、車両がビビッて転ぶかもしれない。
まず、ベベルギア+その小ギア+大きな歯車、という風にしてみた。
うんうん、結構遅くなる。
しかし、ちょっと長くないか?

Sat3_20120811
 ベベルギア+平ギア2セットで減速をする

さらに減速をして、さらに長さを押さえて・・ということで、平ギア2セットに
して動力装置を作った。
回転の遅さについては、十分満足である。

Sat4_20120811
 どうやって取り付けるか?

今日はここまで。
どうやって取り付けるか?

それはともかく、ここまでやって思ったのは「ターンテーブルというのは、
テーブル部分より動力装置が思ったより大きい」ことである。
う~ん、これでは今作ろうとしている900x600のレイアウトの、しかも
手前にちょこっとあるスペースには入らない・・・

ターンテーブル、恐るべしである!

|

« 軽便用ターンテーブルを試みる(1) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/55402654

この記事へのトラックバック一覧です: 軽便用ターンテーブルを試みる(2):

« 軽便用ターンテーブルを試みる(1) | トップページ | 祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(4) »