« ピノチオの箱根登山と東急デハ5000 | トップページ | ピノチオの東急デハ5000(6) »

2012.09.26

ピノチオの箱根登山と東急デハ5000の走行テスト

せっかく動力を装備したので、走行テストを行う。

Wed4_20120926
 揃って走行テストである。

まず、箱根登山からである。
結果は以下の通り(カッコ内は2%(一部3%)勾配時)。
 ・空車: 4V/0.05A
 ・1両(400g)  5V/0.15A (6V)
 ・2両(800g)  6V/0.2A (8V)
 ・3両(1200g) 9V/0.3A
 ・4両(1600g) 9V/0.4A(12V)
250g程度の小型電車の性能としては立派なものである。

で、ここでアクシデント発生!!

Wed5_20120926
 なんと!あまりの重量級の牽引をしたために・・

驚いたことに、想定外(という言葉を最近よく聞く)の重量を牽引したために、
運転室下の床板が丸ごと外れてしまった!
まあ、この小型電車に勾配線で1600gを牽引させることは想定せんわなぁ・・・

帰宅してから、しっかりと真鍮板+ネジで運転室下の床板を固定した。

Wed3_20120926
 東急デハ5000は、M車の調整不足(主に補重)で成果出ず

東急デハ5000については、現在完成しているデハ+クハに、さらにサハを入れて
「1M2Tが可能か?」を試したかったのだが、デハの補重をしないでテストに臨んだ
ために、集電性能が今一つで性能計測をするに至らなかった。

吊掛モータ、まだまだ楽しめそうだ。

|

« ピノチオの箱根登山と東急デハ5000 | トップページ | ピノチオの東急デハ5000(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/55753082

この記事へのトラックバック一覧です: ピノチオの箱根登山と東急デハ5000の走行テスト:

« ピノチオの箱根登山と東急デハ5000 | トップページ | ピノチオの東急デハ5000(6) »