« カツミのモハ30(揺れ枕式)への吊掛モータ搭載(1) | トップページ | 鉄模社のモハ50系の吊掛モータ化(1) »

2012.11.14

カツミのモハ30(揺れ枕式)への吊掛モータ搭載(2)

揺れ枕式の台車+吊掛モータによる走行テストである。

Wed2_20121114
 いつもの牽引力測定(通称”いじめ”)である

Wed4_20121114
 1両(400g)は楽勝!

Wed5_20121114
 3両(1200g)も2%勾配(一部3%)をクリア

考えてみると、「同じモータで同じ減速比」なので、大丈夫なのは当然か?

違いは台車の形式(揺れ枕)と車輪系(11.5φ)である。
テスト前には、ギア比が9:30のままで車輪径が増えるとスロー運転が・・・と
思ったのだが、結果はまったくの杞憂で、このモハ30はスロー運転も調子が
良かった。

また、実質側枠固定のリジットなので、集電性能も問題があるのでは?と心配
していたのだが、それはまったく問題なし。
(ED14のときに心配したのはなんだったんだ?)

牽引力計測結果は以下の通り(カッコ内は勾配時)。
  空車       4V/0.1A
  1両(400g)  6V/0.2A(6V/0.2A 勾配引出しok)
  2両(800g)  7V/0.2A(7V/0.3A) 勾配引出し9V/0.4A
  3両(1200g) 9V/0.4A 勾配引出し13V/0.6Aでも不可
走行性能的にはまったく問題なしである。

Wed6_20121114
 トレーラー2両(600g)を想定して連続走行テスト

結構厳しいテストの次は、「きちんとした編成を想定して」の走行テスト。
1両がだいたい250gなので、600g(2両より多い)で連続走行をさせた結果、
下り勾配は3V、勾配でも7Vであればスムーズに走ることを確認出来た。
(勾配での引出しは8V/0.4A)

Wed7_20121114
 この枕梁の構造こそ「吊掛モータでこそ」ではないか?

それにしても、この揺れ枕式の台車、製品化当時はシャフトを通した方式で
あったが、それでこの揺れ枕?という疑問は多いにあった。
製品化から30年近く、この台車の価値がようやく真価を発揮、というところか?

|

« カツミのモハ30(揺れ枕式)への吊掛モータ搭載(1) | トップページ | 鉄模社のモハ50系の吊掛モータ化(1) »

コメント

そうですか。揺れ枕式+釣り掛けですか。「ウ~ム」揺れる心。

投稿: 美男(備南鉄道) | 2012.11.16 20:11

カツミの揺れ枕式DT10、その効果は?・・・はまたいずれ。

投稿: ム | 2012.11.17 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/56115120

この記事へのトラックバック一覧です: カツミのモハ30(揺れ枕式)への吊掛モータ搭載(2):

« カツミのモハ30(揺れ枕式)への吊掛モータ搭載(1) | トップページ | 鉄模社のモハ50系の吊掛モータ化(1) »