« 2012年のレイアウトの締め(1) | トップページ | 2012年のレイアウトの締め(3) »

2012.12.12

2012年のレイアウトの締め(2)

Wed3_20121212
 祖師谷軽便風の線路配置を実際に検証した感想

このレール配置について、自分なりに改良?したうえで、実際に走行
させて思ったのが「エンドレス部分に勾配があると、細々とスロットル
コントロールしなくてはいけないので、車両の走行風景をのんびり
見ていられない」ということである。

そのうえ、この画像では手前にある「複雑なポイント配置」が山の中に
収まってしまうと、そのコントロールも難しくなってしまう。

また、サイズは900x600と「私にしては大振り」なのだが、この複雑な
線路配置をコントロールするためには、コントロールボックスを置かないと
いけないのだが、そうなるとますますスペースが必要になってしまう。

ということで「平坦なエンドレスでのんびり運転」を試してみようと思いついた
のである。

Wed2_20121212
 台枠にプラスする350mm幅の台枠を調達する

ということで、1050mmにするための台枠をどうするか?
700x1600も昔購入した台枠を改造したので、「そういえば?」と思いついた
のが今年初め(だったか?)に作った450x700の台枠である。
作ってはみたものの、使用予定もないので、これを350x700で2枚という
構成にすることにした。

さて、これで台枠(上板)は調達出来たので、あとは脚の調達だ。

|

« 2012年のレイアウトの締め(1) | トップページ | 2012年のレイアウトの締め(3) »

コメント

こんばんは。

>祖師谷プラン
なるほど!
確かにエンドレスに勾配があると、自らスロットルを握って車両の運転を楽しむには適していますが、手放しで運転して走る車両を眺めるには辛いですよね。

>あとは脚の調達だ。
脚もつけるのですか?(@@;
かなり本格的ですね。エンドレス内側に路面やナローのエンドレスも敷けて、シーナリィーも作れるのでは?
どこかの“戻れない道”のように立体交差させましょうhappy01

投稿: みのる | 2012.12.13 19:51

上の画像は「運転を楽しむ」には良いかと…

「手放しで眺めながら酒を飲む」にはキツそうです (^ ^)

投稿: 穴熊 | 2012.12.13 22:17

いやいや、脚は「台枠を載せる台」のことです。
とかいいつつ、高架もやってみたい・・と妄想中。

投稿: ム | 2012.12.14 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/56306920

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年のレイアウトの締め(2):

« 2012年のレイアウトの締め(1) | トップページ | 2012年のレイアウトの締め(3) »