« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月4日 - 2012年3月10日

2012.03.10

造形村 DD54(6次型)

火曜日から大不調である。
インフルエンザでないのは幸いだったが、ず~っと不調で仕事にならない。
(もともとしていないという説もあるが)

さて、そんな状況ではあるものの、造形村のDD54が届いた。

Zdd541_20120310
 箱を開けてみる。入れ方にちょっとコツあり。

この手の箱に慣れていないので、ちょっと開けるのに時間がかかる。
開けてみると、手すりをつける前と後では、ウレタンの充填を1個入れる
のを止めなくていけないなど、結構注意事項が多い。
(これから買う人、注意である)

Zdd542_20120310
 重量は416g

重さは416gで、私が牽引力測定をするクラスでは中クラスである。
(400g~700g)

Zdd543_20120310
 ゴムタイヤが2輪

この手のプラ機関車の標準?として、ゴムタイヤが2輪入っている。
牽引力確保という点ではいいのだが、ゴムタイヤは走らせなくても経年変化で
硬くなって切れてしまうこともある。
造形村さんは、数年後に修理or部品請求をしても対応してくるのだろうか?

このDD54はDCC対応している。
ただし、ヨーロッパで主流の21ピン仕様なのが、ちょっと私としては困りそうな
気配ではある。
8ピンも付けてくれたら良かったのに・・・
これは、サウンド化を意識してのことなのだろうか?

さて、私がDCC化をする前に必ず行うテストがある。
そう「牽引力+消費電力測定(通称”いじめ”)」である。

Zdd544_20120310
 2%勾配(一部3%) 12V/0.2A 4両(1600g)

Zdd545_20120310
 2%勾配(一部3%) 16V/0.2A 5両(2000g)

ゴムタイヤだから当然かもしれないが、この軽量な機関車としてはなかなか
の性能だと思う。
DCCサウンド化した場合は、12V/0.2Aの数値の性能となる訳だが、実用として
問題ないことは確認できた。

しかし・・・・・ESUのサウンドデコーダは・・・・金額が・・・・

16Vにおけるテストは、限界値の測定であって、この電圧での使用はお勧め
しない。
自己責任という意味を良く理解するように!

Zdd546_20120310
 これからが実は大変

さて、走行性能は確認できた。
それはいいのだが、「完成にする」ためには、大量にあるパーツ類(主に手スリ)
を付けなくてはいけない。

まだ不調でもあるし・・・・ややゲンナリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »