« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012年6月24日 - 2012年6月30日

2012.06.26

大判デジカメは続く(3)

イギリスの大判カメラ+イタリア製PROTARによる野外撮影を行う。

そういえば?と、近所のあじさい寺で撮影を行った。
この時期には珍しい快晴。

Obancamera1_20120626
 撮影風景

撮影風景はこんな感じ。
広角レンズなのでフォーカシング量はこれだけ?というものなので、
大判カメラの撮影としては、妙にコンパクトに感じられる。
スキャナが日中使うには高感度すぎる!ということは以前どこかに書いたが、
この暗いレンズのPROTARが、こういうときにはむしろ相性ばっちりなのが
21世紀の大判デジカメ(野外活動用)になるのが面白い。

Obancamera2_20120626
 絞り3段(最大絞り) IR/UVフィルタなし

Obancamera3_20120626
 絞り1段 IR/UVフィルタ使用

やや日陰気味なところで撮影しても、やはり「野外には紫外線と赤外線が
あふれているんだな」と実感される画像である。

Obancamera4_20120626
 絞り1段+ND8を使用

Obancamera5_20120626
 絞り2段+IR/UVフィルタ

日向での撮影。
ND8を使って絞り値を少なくしたものは、光量の調整はうまくいっている
ように見えるが、ややシャープさに欠けるようにも思われる。

撮影をした感想としては、PROTARによる室外の撮影は、ND8フィルタを
使うことより、可視光線以外をカットするIR/UVフィルタの使用で
コントロールするのがポイントであることを実感した。

それはともかく、あじさいをモノクロで撮影・・・・う~ん、どうなんだ?

Obancamera6_20120626
 野外撮影実施により、スキャナ枠リリースレバーの欠点判明

本日の撮影の結果、スキャナ取付枠のリリースレバーの強度と形状に
問題があり、左側のレバーが曲がってしまった。
やはり、t0.6のチャンネル材(の一部)を曲げただけでは強度不足である。
t0.8の板をさらに加え、全体をハンダ付して強度を増した。

使用時の問題点というものは、実践しないと判らないことだ。
鉄道模型も「徹底的に走らせて問題点を洗い出す」ことが重要なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.24

大判デジカメは続く(2)

イギリスの大判カメラのデジカメ化の続きである。

注意!
 この記事の中で、C社のスキャナの性能というか、写りについて話をしているが
 それはあくまで「改造してテストした結果の筆者の個人的見解」である。
 決して、製造メーカーがこのような使い方を推奨している訳でもなく、保障など
 しているものではないことを良く理解すること!
 (製造メーカーも筆者も、問い合わせ等に一切対応しない)

Yoscan1_20120624
 スキャナ取付時の-20mmは、スケールを置くことで解決。

ピントグラス=>スキャナ取付で+19mmの差が出てしまう件は、さてはて
どうしたものか?
色々と考えてあげく、「そうか、交換時にスケールを置いて前進させればいいのか」
ということに気が付いた。
これなら、荷物も増えないし簡単である。

Yoscan2_20120624
 使用レンズのPROTAR

 このレンズは、プロター(シリーズV)である。
 短焦点の超広角の定番。
 F値は16。
 イメージサークルは8x10ぎりぎり。
 面白いのは、Zeissのパテントでミラノ製造(らしい)という、イタリア製のレンズ
 だということである。
 (ここまでオーナー談)
 絞りは4段階で、ローターを回転させるタイプである。

Yoscan3_20120624
 ということで、照明を追加してLiDE70により撮影。

暗いレンズ(前回は日中撮影、今回は夜)なので、照明を追加して撮影を行う。

Yoscan4_20120624
 スキャン画像(全景)

Yoscan5_20120624
 スキャン範囲を中央指定(絞り解放)

Yoscan6_20120624
 スキャン範囲を中央指定(1絞り)

Yoscan7_20120624
 スキャン範囲を中央指定(2絞り)

Yoscan8_20120624
  スキャン範囲を中央指定(3絞り(最も暗い)

室内光+スタンドレベルで、1絞りまでは実用範囲のようである。
LiDE70は、やはりLiDE40より感度が高いように思う。

Yoscan9_20120624
 LiDE70の問題点、それは「キャリブレーション時の照明の明るさ」

大判デジカメ対応に改造したスキャナの問題は、起動時のキャリブレーション時に
センサーにある程度の明るさの光を当てなくてはいけないことである。
LiDE40は、室外では曇天程度の日差しでok、室内でも蛍光灯下でokなので
あるが、LiDE70はかなり明るめの卓上ライトで思いっきり照らしてやっと
動作する。

室内であればそれでもいいのだが、野外ではLiDE70は使えないことになる。
色々と簡単な照明をテストしてみた(パネルライトと携帯用蛍光灯)のだが
両方ともダメであった。
(もちろん、LiDE40は大丈夫)

Yoscan10_20120624
 祈るような気持ちでデイライトでキャリブレーション・・・

本当に祈るような気持ちで、LiDE70をデイライトでキャリブレーションしてみた
がダメであった。
困ったなぁ・・・・

Yoscan11_20120624
 とりあえず、デイライトで撮影。

LiDE70のキャリブレーション問題は後で考えるとして、とりあえず撮影をしてみる。

Yoscan12_20120624
 LiDE70 絞り3段(最大絞り値)+ND8×2枚

Yoscan13_20120624
 LiDE70 絞り3段(最大絞り値)+ND8×2枚+IR/UVフィルタ

いずれも、中央部分のいいところをスキャンした画像である。
やはりLiDE70はかなりの高感度である。
ND8を2枚重ねしても辛い。
(注:今日はやや曇天気味の晴れ)

では、LiDE40ではどうなるのか?

Yoscan14_20120624
 LiDE40 絞り3段(最大絞り値)+ND8

Yoscan15_20120624
 LiDE40 絞り1段+ND8+IR/UVフィルタ

こちらは使い慣れているせいもあるか、安心感がある。

こうしてみると、どこでも使える大判デジカメという観点では、やはりLiDE40
の方が向いているのか?と思う。

Yoscan17_20120624
 カメラとスキャナ取付枠を外すためのレバーを追加

ところで、カメラ本体とスキャナ取付枠を止める金具が外しにくい(奥の
方に入ってしまうので)ので困っていた。
レバーを追加して、簡単に外せるようにした。
細かい改良である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »