« 2012年7月1日 - 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月15日 - 2012年7月21日 »

2012年7月8日 - 2012年7月14日

2012.07.14

ロンビックイコライザ(1)

ある方がボギー車の足回りの改良について発表されたのを見て、私もそういえば?
と思い出し、やってみようか?ということになった。

最初は、そのままボギー車・・・と思ったのだが、よく考えると、吊掛モータの
テストを行ったときに、単車の調子が良くなかったのである。
さんざん調べてみると、それは吊掛モータが悪いのではなく、低電圧(3V~
6V)で走行させようとすると、洋白レールで3m以上フィーダーから遠い位置では
そうでなくても電圧降下するのに、固定軸の単車ではどうも集電の効率が
低くすぎるのである。
そのときは結局ボギー車にしてやり過ごしたのであるが、将来的に路面電車
の動力として吊掛モータをやるためには、この問題は克服しないといけないと
思っていた。

それで、数年前にある方のブログでロンビックイコライザのしくみについて
話をしているのを思い出し、さらにTMS2001年9月号の記事を見て、
試作を行うことにした。

Lonbic1_20120714
 ザクっと真鍮板をカットして作ったロンビックイコライザの台車

Lonbic2_20120714
 下側からみると、4つのイコライザで支えていることが判る。

Lonbic3_20120714
 各イコライザはシンプルな形

TMSの記事を見て、アルモデルの単台車をじ~っと見て作成したのが
この走り装置である。
軸距離は26mm、各イコライザの関係は画像の通りである。

Lonbic4_20120714
 さっそく、t0.5の板を不規則にレールに貼って追従テスト

Lonbic5_20120714
 まったく固定軸の台車。 右側の車輪が浮いている。

Lonbic6_20120714
 ロンビックイコライザの台車。 車輪はしっかりとレール面にある。

不規則に真鍮帯(t0.5)の帯板を貼ったレールを用意し、走行させてみる。
ガタガタと揺れるのは固定軸でもロンビックイコライザでも同じように見える
が、細かく確認すると、固定軸の方は車輪が浮いてしまっているが、ロンビック
イコライザではしっかりと車輪がレール面に密着している。

これならば走行性能(集電)を高められるかもしれない。
この線で進めてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.09

祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(1)

このところ、吊掛モーターの試行やら、大判デジカメやら・・・トドメは
夏風邪でダウンなどして、さっぱり「今年はレイアウトの年」を守っていない
ような感じである。

しかし、実は地味にタイトルのようなウランを暖めていた。
実は、この企画をやってみるために「原作者の方に了解を取った方がいいか」
と思い、連絡を取る方法がないものか?とあちこち聞いていたのである。
結果的には「そんなに堅苦しく考えなくてもいいと思うよ」というアドバイスを
受けて、では始めるか!・・・となったら、そんなこんなの状況になっていた。

Layout_20120709
 結構苦労してプラン図を引いた。

以前、900x600の大きさでループ線のプランでレールを敷いてみたが、
なるほど、連続運転をするにはこれでもいいが、駅が欲しいとなると入り
きらないのである。
そういえば?とレイアウトモデリングの祖師谷軽便鉄道の記事を読み返して
みると、同様のことが書かれている。
さらには、「駅を出た列車は駅に”戻ってくる”のがいい」ということで、
リバース線が入っているという、なるほど・・ということも書かれている。

では!やってみるか!(台枠はもう作ってあるし)

しかし、実際はこの線路配置で勾配をどうつけるか?ポイントはどう配置
するか?は難しい。
 ・勾配は厳しいところでも6%に収めたい
 ・レールがクロスしているところは40mm以上の高さを確保したい
 ・ポイントはPECOのスナップトラックを使用
 ・カーブはR180(急カーブにするとむしろ勾配がきつくなる)
などなどの条件がある。

結局、原寸大の図面を引いて、ポイントを実際に置いてみて、そのうえで
勾配をあ~でもない、こ~でもない、と週末2日かけてプランを作成した。
(ちなみに、ここにUPした図面はそれをさらに小さく書いたもの)

ポイントのところは10mm上がったところで平面、ループ線のところはその
まま水平にする。
ループ線中央は田んぼか?
レールは出来るだけ囲ってしまわずに、見えるようにしたい・・・

風邪が治ったら、いよいよ始めるか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.07.08

大判デジカメの間接方式(2)

動作確認は出来たので、いよいよデイライトによる撮影である。

Oobankansetu1_20120708
 一番問題であったキャリブレーションは無事動作することを確認。

LiDE70を直接方式にしたときには、通常の日照ではキャリブレーションが正常に
行われなかった。
さて、間接式ではどうか?
結果的には、あっさりと問題なく動作。
曇天時でもOKなので、悩みは解消。

Oobankansetu2_20120708
 Congo210F4.5 F=1:16 

Oobankansetu3_20120708
 Congo210F4.5 F=1:16 IR/UVカットフィルタ

室外での撮影。
なかなかいい画像である。
直接式の場合に発生するスジが飛ぶ現象もない。

意外だったのは、室外でIR/UVフィルタがなくても、それなりの画像であること。
ピント面がスリガラスなので、ガラス1枚でIR/UVが多少反射しているのかも
しれない。

大判デジカメの操作や注意事項について、HPにUPを開始した。
http://mitaka.or.tl/choco_kun/

しつこいようであるが、実践する人は「自己責任」において行うこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月1日 - 2012年7月7日 | トップページ | 2012年7月15日 - 2012年7月21日 »