« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2012年8月19日 - 2012年8月25日

2012.08.24

天賞堂C11(角ドーム)

タイトルの通りで、天プラのC11(角ドーム)を受け取った。

Tc111_20120824
 3両(1200g)は2%勾配(一部3%)をあとちょっとで登りきらず(惜しい!)

Tc112_20120824
 2両+1/4両=900g は勾配も登り、途中引出しもok

私のことであるから、すぐに牽引力計測(通称”いじめ”)を行った。
結果は以下の通り。
 空車             9V/0.01A   当然登坂もok
 2両(800g)         10V/0.01A  登坂ok
 2両+1/2両(1000g)  12V/0.05A  登坂ダメ 
 3両(1200g)        16V/0.05A  登坂ダメ
電圧をかけてスピードをつけて勢いで・・・と思うのだが、あと一歩の
ところで登りきることが出来なかった。
けっこう良いところまで行くのだが・・・

ちなみに、このC11はゴムタイヤはなく、自重は299gである。
前に計測したトラムウェイのDD16も同様にゴムタイヤなしで226g
(ただし、こちらは4軸であるが)と比較して、ほぼドッコイである。
もうちょっと牽引出来るか?と計測してみると・・
 2両+1/4両(1000g)  12V/0.05A 登坂okで途中引出し可

意外に牽引力がある。
C型でこの性能、動輪のタイヤの材質が良いのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.23

杉山模型のダンカーク

待っていたものがようやく届いた。

Dank1_20120823
 杉山模型のダンカーク。 

今年の杉山模型さんの製品はダンカークであった。
これは驚いた。
ウチには、米国の模型屋さんが日本のメーカーに依頼して製品化した
超レアアイテムのHOのダンカークがあるが、それですらも実物を見た人
がほとんどいないという代物であるのだ。
それが、こうして日本向けに製品になるとは・・

Dank2_20120823
 手前がHOのダンカーク(先輩か?)

こうしてみると、やはり似ている。
ちなみに、重量はこんな感じだ。
 HOのダンカーク    117g
 HOn30のダンカーク  87g
意外に重量に差がないのだが、HOの方は手に取るとズッシリと重い。

Dank3_20120823
 動力装置も似ている。 どちらも凄い良い作りだ。

HOのダンカークはモータの置き方(縦置き)のために、ジョイントが
片側にオフセットしている。
HOn30の方は、モータが水平なので普通に平ギアで落としてきている。
それにしても、この真鍮材を折り曲げて作った精密ジョイントは、どちらも
凄いものである。

Dank5_20120823
 15tのクライマックスとのショット

先の製品のクライマックスと並べると、雰囲気が似ている。
それはそのはずで、ダンカークは、「クライマックスのメーカから独立した
ハイスラーさんが作ったロコ」なのだ。
ちなみに、実車はシリンダがキャブ内にあるのだが、模型では省略
されている。
クライマックスは79g。
こちらも面白いことに、両車を手に取るとクライマックスの方がずっしりと
感じる。

Dank4_20120823
 R140はしっかりと走行可能。

Dank6_20120823
 現在制作中のレイアウトで6%勾配のテスト。

R140のカーブ通過、6%勾配の登坂(ちょっと苦しいが)とも無事完了。
まあ、杉山模型さんの製品なので、心配はしてなかったが。
(いや、ちょっと心配だったか?)

実車はかなりマイナーな車種であるが、さすがは杉山模型さんの製品で
良く走る。

Dank7_20120823
 ちなみに、ダンカークは後ろのようなハイスラーに進化していく。

実物的には、ダンカーク(キャブ内にシリンダー)はキャブ前にシリンダーが
移って、ハイスラーへと進化していく。
こういう、実物の変遷(クライマックスから独立=>ダンカーク=>ハイスラー)
が模型で手に取って味わえるのは楽しい。

これを見ていると「ハイスラーとシェイを再生産してくれないかな」と思うのは
私だけだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.21

軽便用ターンテーブルを試みる(3)

進捗が遅い!=>自分
などと思ったので、ようやくパーツを組み込んだ。

Tue1_20120821
 ターンテーブルを弾く?円盤を取り付けて動作確認

ようやくパーツを組み込んだ。
結果はまあまあなのだが、なぜか時計方向の回転はok、逆回転では
ときどきエラー(回転ムラ)が出る。
調整でなんとかなるのだろうか?

初めてやることは、やはり1発でうまくいくという訳にはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

祖師谷軽便鉄道のプランを試みてみたい(5)

猛暑だったり、雷雨だったり・・・
ここ数年は気象が激しい。

それはともかくとして、夏休み中に模型の活動を進めようとしたのだが、ふとした
きっかけで「自室(兼寝室)の環境を改善しよう」と思ったりすると、結構時間が
かかったりして、結果的のレイアウト工作が思いっきり停滞する(涙)

それはともかく、どうにかここまで進捗。

Sun3_20120819
 線路敷設はどうにかテスト走行可能な状態まで完了。

Sun4_20120819
 ループ線があるので、ちゃんと配線しないと・・ということで

Sun5_20120819
 なぜにスイッチが中立なしでかつ2個ずつしかない?

なんとか線路を敷設して、配線を行った。
ループ線があるので、スイッチを付けないと運転できない。
じゃあ、コントロールパネルを・・・と思ったら、買い置きしてあるスイッチが・・・
え?中立なしの6Pが、しかもタイプの違うものが2個ずつ・・・???
バカすぎる!=>自分

Sun6_20120819
 とりあえず、ターンテーブルのパーツを制作。

他のことで忙しくて、結局ここまでか?
このままでは悲しすぎるので、ターンテーブルのパーツを制作。

この3連休はこれで終わり。
模型以外のことはかなり進んだのだが、レイアウトの進捗悪すぎる。
そういえば、JAMも今日で終わりか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »