« 2012年10月21日 - 2012年10月27日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »

2012年11月4日 - 2012年11月10日

2012.11.07

吊掛モータ、準備中

Wed2_20121107
 軸受を付け、端子を延長して、絶縁材を付け・・

吊掛モータは、別に難しい装置ではない。
いさみやの製品であれば、別にそのまま配線して使っても、車輪の内側に
なる端子も、添付のちょっと厚めの絶縁ワッシャを入れれば、絶縁は大丈夫
である。

私の場合は、自分であれこれとやっていた経験で、車輪の内側になる
端子を延長し、それに絶縁材を接着して絶縁を確実にする・・というクセが
付いている。

こういうことは「好み」だったり「経験から来る確実な手段」だったりするので
実施する人間が判断するだけのことである。

ところで、カツミのモハ30の台車改造についても、日光の車軸を両側0.5mm
を削れば大丈夫であることが判った。

吊掛モータの準備が終われば、いよいよ装着だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.05

小径車輪用の吊掛モータ

Turikake_20121105
 動輪の大きな径のテストは終わったので、次は小径車輪用

以前、小径車輪用の吊掛モータのテストをやっていたのだが、その後
すっかり忘却していた。
画像のものは8.5φのボギー台車用。
単台車では実は14:20と14:24の走行テストは終わっている。

一応、ギア比9:45まではテスト完了なので、路面電車用の小径車輪の
ための吊掛モータの試作を開始しようと思う。

今回はピニオンが9枚なので、28枚より少ないギア数では、アイドラーギア
を入れないといけない。
こうやって確認してみると、9.5φは28枚でいけそう、8.5φは24枚で
いくことになり、24枚はアイドラーギアが必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.04

タナック35(田中光学)の機種分類

今日こそカツミのモハ30(揺れ枕式)をやろうと思ったのだが・・・

Tanack23_20121104
 タナック35の初期タイプ(cタイプ)が手に入った

ある集まりに行ったところ、タナック35の初期タイプを廉価に入手出来た。
そのおかげで、「実物で田中光学のカメラの初期~最後(試作機)まで」
を確認出来るようになった。

これはHP更新してしっかりと記録しておかないと・・・ということで、
半日かかってあれこれ確認して更新を行った。

Tanack29_20121104
 バルナックタイプ(35cと35IV-S)でも違いがある

同じバルナックタイプでも、ボディのダイキャストが大きく変更になったり
軍艦カバーが分割式から2ピースに変更になったことが判る。

さらに驚きの事実が判り、有意義な調査が出来た。
結果はHPを参照。
http://mitaka.or.tl/choco_kun/

ああ、しかし・・・カツミのモハ30が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月21日 - 2012年10月27日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »