« R490を走行できる機関車 | トップページ | 上信デキ1(カツミ)の吊掛モータ化(2) »

2013.01.27

マツモト模型のN電の吊掛モータ交換

もっといろいろとやるつもりであったが、どうも雑用が多くて捗らない。

カツミの上信デキ1の吊掛モータ化で一段落・・・と思っていたのだが、
良く考えると、14:28のギア比(協育歯車のギアをスライスして作成)で
吊掛モータ化した米国DLとマツモト模型のN電を9:30にする作業が
残っていたことを思い出した。

ということで、まずはマツモト模型のN電から開始。
この車両は、ウチで初の実用車に吊掛モータを搭載した由緒ある車両で
ある。

Sun5_20130127
 元が吊掛モータになっているので、交換はスムーズ

既に吊掛モータになっているのだから、交換はそれなりの作業で済む。
とはいえ、取付方法が少し違うので、あちこち切ったりネジ切ったりと
作業はある。

Sun6_20130127
 上から見たところ。 ここは標準化はしていない。

Sun7_20130127
 補重して、自重を90g=>103gに増やした

超小型車両の割には、案外ウェイトを積むスペースがあった。
車内にウェイト積んでいない割には、103gはかなり立派である。
スペースに余裕があるので、DCCサウンド搭載も可能である。
ただし、現時点ではDCC化のための配線標準化はしていない。
まあ、しばらくはDC専用でいいだろう。

Sun8_20130127
 マツモト模型のN電のポールは、最初から架線集電仕様になっている

面白いのは、このN電は「最初から架線集電対応」になっているのである。
ポールについては、単純な作りでガッチリしており、これを参考にして集電用
ポールを作っても良さそうだ。

|

« R490を走行できる機関車 | トップページ | 上信デキ1(カツミ)の吊掛モータ化(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/56640761

この記事へのトラックバック一覧です: マツモト模型のN電の吊掛モータ交換:

« R490を走行できる機関車 | トップページ | 上信デキ1(カツミ)の吊掛モータ化(2) »