« コメントにあったスピーカーとモータ | トップページ | HWSの26年式拳銃(エアーガン版) »

2013.07.17

11.5φの車輪用の吊掛モータ(4) 米国DL走行テスト

今日は少し暑さが和らいだ。

ということで9:36のギア比の米国DLの走行テストである。

Wed4_20130717
 2両(800g)の牽引は楽勝?

Wed5_20130717
 3両(1200g)は勾配途中からの牽き出しはX

走行テストの結果 (カッコ内は勾配途中牽き出し時)
 ・牽引なし : 4V/0.1A
 ・1両(400g) : 6V/0.2A
 ・2両(800g) : 8V/0.2A(10V/0.4A)
 ・3両(1200g) : 9V/0.3A(14V/0.5Aで牽き出し出来ず)
ちなみに、機関車本体は246gである。
まあまあの性能か?

Wed6_20130717
 鉄橋でなぜは「ぎゅ~ん」と擦る音が??

減速比が1:4のおかげか?調子はいいのだが、なぜかこの鉄橋を渡ろうと
すると、スピードが落ちて「ギュ~ン」とちょっと切削音?のような音がする。
調べてみると・・・「あ!ギアが補助レールを擦っている!」
36枚のギアの径が、微妙に11.5φの車輪径と合ってしまっていて、補助レール
を擦っているのであった。

ま、いいか。
実害はないし。

いずれは、11.5φの車輪用の33枚ギアが出る・・・かも?なので、それまでは
30枚のギアを使うのが無難なようだ。

|

« コメントにあったスピーカーとモータ | トップページ | HWSの26年式拳銃(エアーガン版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11.5φの車輪用の吊掛モータ(4) 米国DL走行テスト:

« コメントにあったスピーカーとモータ | トップページ | HWSの26年式拳銃(エアーガン版) »