« 今さら彼岸花撮影の画像 | トップページ | ポール対応の架線分岐部(2) »

2013.10.27

ポール対応の架線分岐部(1)

椎間板ヘルニアは、ここ数年収まっていたのだが、一度悪化するとしつこい。
とはいえ、なんとか日常生活は出来る。
では、模型工作を・・となると、簡単なものなら良いのだが、結構試行覚悟する
ものはしんどい。

この「ポール対応の架線分岐部(ポイント部)」などは、長年の悩みであった。
1995年当時にはとうとう克服出来ずに断念したのだ。

そんな難易度の高いものを、このしんどいときに?という気はするが、やはり
気になることは早く克服したい。

Sun3_20131027
 とりあえず、こんな感じで作ってみる

さてはて、どのくらいの「架線の開き角度」にすれば良いのか?
ポイント分岐部との位置関係は?
実車で試しつつ「こんなものか?」と、開き角度の広いものを作ってみた。

Sun4_20131027
 結果、「どちらに分岐しても真ん中」の皮肉(笑)

結果として、「左右どちらに分岐しても真ん中からポールが出る」ことが判明。
凄い脱力感・・・・
どうやら、開き角度は狭く、両側の壁(ポールの接触部が飛び出さない)に
沿うような角度と幅にすることが必要であることが判明。

Sun5_20131027
 作り方も「やりやすい方法」にして、作り直し

あれこれと試行錯誤した結果、作りやすい(最初に外側の壁(0.5φ)を付け
後から架線を付ける)方法も思いついた。

Sun6_20131027
 完成した姿はカッチリした感じになった

さすがに2個目となるとカッチリと出来る。
ポイントとの関係も、10mm程度長くした。

Sun7_20131027
 やった!無事に走行!

すんなりと行ったわけではなく、ちょっと調整は必要であったが、結果的には
無事通過出来るようになった。
とはいえ、「成功率90%くらい」である。
まあ、それくらいなら良いか?

これでおおよそ合格なので、もうちょっと工夫して「エンドレス走行テスト」が
本格的に出来そうだ。

|

« 今さら彼岸花撮影の画像 | トップページ | ポール対応の架線分岐部(2) »

コメント

ムさん、いよいよ架線のフログに挑戦ですね。小生は米国の模型店からの輸入品を使いましたが、ムさんの架線方式ですと自作せざるを得ないということで、大変なことと思います。なお、フログの大きさや設置場所についてはNMRAに標準があります。下記サイトです。

http://www.nmra.org/standards/sandrp/rp-5_1.html

投稿: Mogul | 2013.10.28 11:22

Mogulさん、こんにちは
確かに、独自の架線でやると「なんでも自分で」というのはちょっと辛いところはあります。
NMRAの情報ありがとうございます、参考にします。

投稿: ム | 2013.10.29 06:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/58465467

この記事へのトラックバック一覧です: ポール対応の架線分岐部(1):

« 今さら彼岸花撮影の画像 | トップページ | ポール対応の架線分岐部(2) »