« α7でヘンテコレンズ | トップページ | トラムウェイC12と天賞堂C11のDCCサウンド化 »

2013.12.08

Ektra-NEXアダプタ(改良型)

すっかり寒くなったし、ああ!鉄道模型関係やりたい!

とかいいつつ、やはりα7を買った勢いでカメラ関係の活動が多い。
(ある意味当たり前か)

Sun1_20131208
 本格的なEktra-NEXアダプタの制作

NEX-7購入のときに、なんとなく作って成功したEktra-NEXアダプタ。
α7での使用も好調なので「これはパーマセルでレンズを固定する方法ではない
ちゃんとした固定式のものを作ろう」ということにした。

問題はEktraのマウントはスピゴットタイプでマウントに差し込んでネジのある
リングを回して固定するタイプなのである。
これは「アダプタを制作する側からすると面倒」なタイプである。
ゆえに、試作型はパーマセルで固定・・・という、「それでいいのか?」という
ものであったのだが・・・・

このマウント部(のネジ)を外注出来ないか?と心当たりを探したのだが
ダメだった(涙)ので、予備のレンズリアキャップ(オリジナル品)をついに
決心して加工して使うことにした。
まあ、その覚悟だけすれば作業そのものは楽である。
3時間ほどで(延長部分の長さを間違えたりしたりして時間がかかった)完成。

Sun2_20131208
 驚愕の事実!「え?Ektar35F3.3が使えない!!」

Ektar135F3.8を出してきて、フランジバックを調整して・・・・
各レンズを出してくると・・・・あれ?Ektar35F3.3のヘリコイドが回らない??
このレンズ、フランジ後ろに少し出っ張るのだが、今までの試作アダプタでは
普通に使えていたのだ。
あれ?なんで・・・・

調査の結果、驚愕の事実が!
なんと、今まで使えていたのは、固定方法がパーマセルだったので、マウント
内に「弱く当っていた」ためにきちんと動作していたのだ!(が~ん)
う~ん、そんな偶然ってありか?

Sun4_20131208
 α7+Ektar35F3.3の撮影画像(例)

結構遠いものも撮影していたのだが、なんら問題なく撮影出来ていた。
この画像を確認しても問題なし。

Sun3_20131208
 結局「使い分け」で対応すれば良い!・・ということで

私は極めていい加減な人間なので「別に使えれば問題なし」である。
試作型の方でEktar35F3.3を使い、他のレンズは今回の本格派を使えば
良いのである。

ま、いいか(ちゃんちゃん)

|

« α7でヘンテコレンズ | トップページ | トラムウェイC12と天賞堂C11のDCCサウンド化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/58720929

この記事へのトラックバック一覧です: Ektra-NEXアダプタ(改良型):

« α7でヘンテコレンズ | トップページ | トラムウェイC12と天賞堂C11のDCCサウンド化 »